5月は職場の転勤、進級、引っ越しなど環境の変化をきっかけに、心の不調が起こりやすい時期。心の不調には漢方薬が効果的ですが、同じ症状を繰り返さないためにはこれまでの生き方を見直すことも重要です。

心の不調は気の巡りをよくして症状を改善

 厚生労働省の患者調査によれば、うつ病などの気分障害により心の病気にかかっている人の数は111万6000人(2014年)で、104万1000人(2008年)、95万8000人(2011年、東日本大震災の一部被災地を除く)と、年々、増加傾向にあります。病気とはいかないまでも眠れない、食欲がない、気分が晴れないなどの症状で悩んでいる人の数はさらに多いでしょう。こうした人に効果的なのが漢方薬です。心療内科でもよく使われています。漢方では心の不調は「気・血・水」(連載第2回参照)のうち、気(精神)のバランスが崩れていることが原因と考えます。漢方薬によって気の巡りをよくすることで症状の改善が期待できます。

 たとえば半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)や抑肝散(よくかんさん)は、古くから気の巡りをよくする「理…

この記事は有料記事です。

残り1518文字(全文1985文字)

加藤士郎

加藤士郎

野木病院副院長/筑波大学付属病院臨床教授

かとう・しろう 1982年獨協医科大学卒後、同大第1内科(現心臓・血管内科)入局。88年、同大第1内科大学院卒。第1内科講師、宇都宮東病院副院長などを経て、09年野木病院副院長、筑波大学非常勤講師。同年、筑波大学付属病院総合診療科に漢方外来開設。10年筑波大学付属病院臨床教授。筑波大学付属病院で漢方外来に従事するととともに、主に学生、研修医を対象に漢方の教育活動を行っている。医学博士、日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本老年医学会専門医・指導医など。

イチ押しコラム

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

無難に生きる方法論

高齢化で深刻さ増す「心疾患の終末期ケア」

 私の専門分野である循環器科をめざす若い医師が減っているという。循環器科の治療対象は心血管の病気、いわゆる心筋梗塞(こうそく)や大…

旅と病の歴史地図

「海外出張183日」高裁が過労死を認めた理由

 ◇首相の外遊は過重労働? 政治家の海外出張を「外遊」と呼びます。その字を見ると遊びのようにとられますが、この「遊」は「旅」を意味…

超高齢化時代を生きるヒント

「痛みと医療費」二重に苦しむ若年がん患者たち

 高齢化社会をどう生きるか、高齢化社会を支える仕組みが今後どうなるのか--本連載はこれらを中心にお伝えしていますが、若い人から「高…

医をめぐる情景
ドクターヘリで搬送され、救命救急センターに移される負傷者=ドラマのロケ地でもある千葉県印西市の日本医科大千葉北総病院で

障害があっても強く生きる患者と、勇気もらう医師

 ◇ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」第3シーズン(2017年) 事故で突然、大切な身体機能を失うことがある。不意に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア