病気を知る認知症110番

この先の介護に胸痛み--悩んでこそ前向きになる

認知症予防財団

 90歳の父と長女の2人暮らしです。父は母が他界(20年前)してから認知症の症状が出始めました。数年前から認知症が進行し会話もできず毎日ブツブツ言いながら歩き回って、目を離すことができなくなりました。時には警察のお世話になることもあります。先日、肺炎で入院しましたが歩き回るので帰され、他にもショートステイで帰されたりしています。もう少しもう少しと思いながら介護してきましたが、この先を考えると胸が痛くなってきます。=東京都、長女(62)

【回答】悩んでこそ前向きになる

 長い間介護されてきたのですね。毎年、もう少しもう少しの期間だけ世話をすればと思い、それを繰り返し自分に言い聞かせ頑張ってこられたのでしょうね。お父様の状態はますます手がかかるようになります。一方、ご自分は体力がなくなっていくのを感じています。お父様のことを考えお世話していても、反比例するように認知症の症状が重くなって、介護の負担感が大きくなっていくのを実感していたちょうどその時に入院という事態になり、思うように治療ができない現実に突き当たられたのでしょう。この先、入院やショートステイの利用ができなくなる事態が起こることを考えると、このまま在宅での介護が続けられるのか迷っておられるのでしょうね。

 今まで大変なことはたくさんあっても何とか乗り越えてこられましたが、病気になると治療が必要であり、それを受けることが難しい状況であることで、想像以上に苦しい立場に立たされ、今までにない切ない思いをされたことでしょう。複雑な気持ちはよくわかります。しかし、厳しいようですが、これからも同じような状況になる可能性は高くなってくると思います。

 長い間お父様を介護してきたことは、親子にとって共に良い時間を過ごされてきたことであり、何物にも代えがたいものです。それはそれとして認めながら、今後のことを考えていくことも必要なのではないでしょうか。時間とともに変化していくことを受け止めて、お二人それぞれが、自分らしく生活できる方法を模索していくことが必要になってきたのだと思います。現状を見据え、このまま家でいろいろなサービスを利用するとどのような暮らしになるか、どのような不都合さがあるか、施設などに入所するとどのような暮らしになるかなど具体的に考えてみましょう。

 あなたは、お父様の意思がわかりにくいために悩むと思いますが、お父様はあなたがお父様のために自分の生活を犠牲にしてまで世話してほしいとは考えていないと思います。親としていつまでも、あなたがあなたらしく生きていくことを望んでいると思います。判断するのはあなたです。悩むことは前向きになることの前提だと考えましょう。例えば、生活の場が離れても、お父様のお世話がなくなるのではなく、お世話の内容や形が変わるだけです。自分だけで抱え込まないようにしてくださいね。

回答者 是枝祥子(これえだ・さちこ)大妻女子大学名誉教授=介護福祉学

認知症予防財団ウェブサイトから】

医療プレミア・トップページはこちら

認知症予防財団

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/

イチ押しコラム

旅と病の歴史地図

「最強の感染症」狂犬病のリスクはイヌだけじゃない

ギネス第1位の感染症 少し前のギネス世界記録に「最も致死率の高い感染症」というカテゴリーがありました。ここにランキングされていたの…

無難に生きる方法論

季節の変わり目の「めまい、耳鳴り」は気象病かも

 秋が深まり、冬の寒さに切り替わる11月は寒暖の差が大きく、体調を崩す人が多い。寒暖の差が大きいと自律神経が乱れ、めまいや耳鳴り、…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

超高齢化時代を生きるヒント

「痛みと医療費」二重に苦しむ若年がん患者たち

 高齢化社会をどう生きるか、高齢化社会を支える仕組みが今後どうなるのか--本連載はこれらを中心にお伝えしていますが、若い人から「高…

医をめぐる情景
ドクターヘリで搬送され、救命救急センターに移される負傷者=ドラマのロケ地でもある千葉県印西市の日本医科大千葉北総病院で

障害があっても強く生きる患者と、勇気もらう医師

 ◇ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」第3シーズン(2017年) 事故で突然、大切な身体機能を失うことがある。不意に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア