特集・ニュース医療プレミア特集

熱中症にまつわる誤解 正しく知って予防を

藤野基文 / 毎日新聞 医療プレミア編集部

「熱中症ゼロへ2017」シンポジウムから【前編】

 汗ばむような日が続き、夏が迫っていることを実感する季節になった。気温が高くなると、注意しなくてはならないのが熱中症だ。日本気象協会は2013年から、熱中症の患者や死亡者を減らそうと、啓発活動「熱中症ゼロへ」を実施している。17年の活動の第1弾となるシンポジウムが、このほど、毎日新聞東京本社(東京都千代田区)の毎日ホールで開かれた。約100人の参加者を前に、救命救急医が熱中症の基礎知識について講演したほか、熱中症の危険度をスマートフォンなどからチェックできる新しいコンテンツについて開発者による解説などが行われた。シンポジウムの様子を2回にわたって報告する。前編は、帝京大医学部付属病院の三宅康史・高度救命救急センター長による講演「熱中症のメカニズムや対策、近年の傾向と症例」の内容を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り2180文字(全文2553文字)

藤野基文

藤野基文

毎日新聞 医療プレミア編集部

ふじの・もとふみ 1977年生まれ。2004年に毎日新聞社入社。甲府支局などを経て、10年から東京本社科学環境部で、医療・医学、環境省、ノーベル賞などを担当。医療・医学分野では、臓器移植、感染症、脳神経科学、再生医療などを取材した。17年4月からデジタルメディア局医療プレミア編集部。

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

無難に生きる方法論
名古屋大に合格し胴上げされる受験生=名古屋市千種区で2019年3月9日、大西岳彦撮影

不登校の子から医師に届いた「桜咲く」の知らせ

 不登校の子どもの世話をしていると、毎年3月はうれしい知らせが届く。中学や高校で不登校になった子どもたちが何とか学業を維持し、一番…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア