健康に暮らす旅と病の歴史地図

国を滅ぼすこともある蚊の怖さ

濱田篤郎 / 東京医科大学教授

歴史を動かした感染症

 日本に住んでいると、蚊は吸血時に「かゆみ」を起こす害虫というイメージがありますが、熱帯や亜熱帯の国々では、マラリアやデング熱などの感染症を媒介する昆虫として恐れられています。日本からの旅行者が、こうした国々で感染するケースも少なくありません。

 世界史を振り返ってみると、蚊が媒介する感染症が歴史を動かした出来事がいくつかあります。例えば5世紀におきた西ローマ帝国の滅亡。直接の原因はゲルマン民族の移動によるものですが、帝国内でのマラリアの流行も一因とされています。この時代、イタリア半島には北アフリカなどから多くの移民が押し寄せており、その中にマラリアの患者も数多くいました。さらに、帝国末期は経済の崩壊などにより、河川の改修工事が滞り、各地で蚊が大量に発生していました。こうした状況の中、イタリア半島を中心にマラリアが大流行し、それが帝国の衰退を招いたのです。このマラリアの流行は帝国滅亡後も続き、その土地に侵入してきた多くのゲルマン民族も葬り去りました。

この記事は有料記事です。

残り2168文字(全文2608文字)

濱田篤郎

濱田篤郎

東京医科大学教授

はまだ・あつお 1981年、東京慈恵会医科大学卒業。84~86年に米国Case Western Reserve大学に留学し、熱帯感染症学と渡航医学を修得する。帰国後、東京慈恵会医科大学・熱帯医学教室講師を経て、2005年9月~10年3月は労働者健康福祉機構・海外勤務健康管理センター所長代理を務めた。10年7月から東京医科大学教授、東京医科大学病院渡航者医療センター部長に就任。海外勤務者や海外旅行者の診療にあたりながら、国や東京都などの感染症対策事業に携わる。11年8月~16年7月には日本渡航医学会理事長を務めた。著書に「旅と病の三千年史」(文春新書)、「世界一病気に狙われている日本人」(講談社+α新書)、「歴史を変えた旅と病」(講談社+α文庫)、「新疫病流行記」(バジリコ)、「海外健康生活Q&A」(経団連出版)など。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論

便利家電と「女性のうつ」の深い関係

 女性のうつ病の初発症状には、「夕食の献立を思いつかない」が多い。特に専業主婦に起きやすいとされる。本人ではなく家族が気づいて受診…

医をめぐる情景

「失恋でうつ」の友人を励ますのはいけないこと?

 ◇楽曲「元気を出して」(1984年) 竹内まりやが作り、歌った「元気を出して」は、失恋して落ち込んだ女友だちを女性が励ます歌だ。…

人類史からひもとく糖質制限食

「正常範囲内の高血糖」でも全がんリスクが高まる

 国立がん研究センターがん予防・健診研究センター・予防研究グループが2015年、興味深い論文を発表しました。翌年には英文医学雑誌に…

旅と病の歴史地図
海外に出国する人たちでにぎわう出発ロビー=成田空港で2018年8月10日午前10時9分、小川昌宏撮影

旅先でつらい「旅行者下痢症」を薬で止めていい?

 海外旅行中に起こる下痢を「旅行者下痢症」と呼びます。発展途上国に1カ月間滞在すると半数近くの旅行者がかかるとされており、頻度が大…

超高齢化時代を生きるヒント

アルバイト医師が回す「在宅医療クリニック」の闇

 医学部5年生だった1989年の夏休み、私は実家近くにあるM先生のクリニックで1週間の実習をしていました。晴れて暑い水曜日の午後、…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア