医療・健康Tips

無理をしがちな人は疲れによる発熱に要注意

  • 文字
  • 印刷

 疲れの症状は人によってさまざま。だるさや痛みだけではなく、疲れた体や弱った心が、発熱というサインを出していることもあります。かぜなどの原因が見つからないのに熱があるとき、疲れすぎを疑ってみましょう。

 かぜをひいているわけではないのに、仕事がハードで休みがとれなかったり、疲れがたまったりすると熱が出るという人がいます。微熱の場合、つい軽くみることもあるでしょう。多少熱っぽくても、無理を重ねてしまう人も少なくありません。しかし、発熱は異常が発生しているという体からのサインです。無視しつづけるのは禁物です。

 本来、発熱はウイルスや細菌などが外部から侵入したときに起こります。体温を上げることには、ウイルスや…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1045文字)