医療プレミア医療・健康Tips

食事や飲み物の酸でエナメル質が溶ける酸蝕歯とは

 酸蝕歯(さんしょくし)という言葉を聞いたことがありますか。歯が透き通ってきた、と感じることがあれば、もしかしたら酸蝕歯かもしれません。どのような症状なのでしょうか。

 歯の表面はエナメル質で覆われていて、その内側に象牙質を中心に神経の通っている歯髄があります。エナメル質は人の体の中で最も硬い組織で、さまざまな食物をかみ砕いても耐えられる性質を備えています。

 エナメル質は、その硬さで象牙質を覆って歯を守っています。しかし、酸に弱いという弱点があります。食べものや飲みものなどによって口の中が酸性になると、カルシウムやリンなどが溶け出してエナメル質は一時的に損傷します。

 しかし、溶け出した成分を修復する機能も備わっていて、唾液によって再石灰化がおこなわれ、エナメル質の状態が常に維持される仕組みになっています。

 ところが、酸性のものを長く口に含んでいたり、再石灰化が始まる前の状態で歯みがきをするとエナメルが修復されず削れたままになります。これを繰り返すうちに少しずつエナメル質が薄くなり、歯が透けて見えるようになります。これが酸蝕歯です。

 酸蝕歯を放置すると、虫歯になりやすくなるほか、噛み合わせが悪くなったり、神経の損傷に進むこともあります。また、知覚過敏を伴うこともあります。

 知覚過敏とは、冷たいものや熱いものがしみたり、違和感がある症状です。また、歯が丸みを帯びたり、黄ばんで見えたりするようになります。さらに進むと奥歯のかみ合わせが平らに削れてきたり、へこんだり薄くなったりして、歯が欠けてくることもあります。

 酸蝕歯を進める食品は、ずばり酸性の強いもの。酢や梅干し、柑橘系の果物のほか、炭酸飲料やビール、ワイン、クエン酸やリンゴ酸を含む飲料、サプリメントなどです。これらを口にしたあと、すぐに歯みがきをすると徐々にエナメル質が削れていきます。また、唾液の分泌が少なくなる就寝前にこれらの飲食を繰り返していると酸蝕歯のリスクを高めます。

 このほかつわりなどの嘔吐や、げっぷなどによる胃酸の逆流が繰り返されたりすると、酸蝕歯のきっかけになることもあります。特に、摂食障害により頻回の嘔吐を繰り返す人は、胃酸による酸蝕歯になりやすいといわれています。

 酸蝕歯は、初期なら強度を強くする薬剤を塗って進行を食い止めることができますが、ダメージが大きい場合、虫歯の治療と同様に詰め物や被せもので処置します。

 また歯科用レジンというプラスチックを使って歯の形や色を修復する方法や、カルシウム剤のジェルで歯の表面を再石灰化させる方法などがあります。さらに進行してしまうと抜歯になる場合もあります。

 なによりも大切なのは、日頃のちょっとした対策です。食生活で酸を避けることは不可能ですから、酸性の飲みものをだらだら長時間飲むのを避けること、食事のあとは水や緑茶を含んで中和させ、口腔内を酸性にしておかないことが大事です。

 歯みがきはできれば食後すぐ行わず30分~1時間ほど経ってからにする、歯みがきは研磨剤の少ないものやエナメル質を守るタイプを選ぶ、などが予防になります。

気になる症状があれば、早めに歯科医に診てもらいましょう。酸蝕歯が自然に治ることはありません。適切な治療を受けることで進行を食い止めることができます。

監修:松下歯科医院院長 松下和夫

「ケータイ家庭の医学」2017年8月掲載より (C)保健同人社

医療プレミア・トップページはこちら

イチ押しコラム

旅と病の歴史地図

「最強の感染症」狂犬病のリスクはイヌだけじゃない

ギネス第1位の感染症 少し前のギネス世界記録に「最も致死率の高い感染症」というカテゴリーがありました。ここにランキングされていたの…

無難に生きる方法論

季節の変わり目の「めまい、耳鳴り」は気象病かも

 秋が深まり、冬の寒さに切り替わる11月は寒暖の差が大きく、体調を崩す人が多い。寒暖の差が大きいと自律神経が乱れ、めまいや耳鳴り、…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

超高齢化時代を生きるヒント

「痛みと医療費」二重に苦しむ若年がん患者たち

 高齢化社会をどう生きるか、高齢化社会を支える仕組みが今後どうなるのか--本連載はこれらを中心にお伝えしていますが、若い人から「高…

医をめぐる情景
ドクターヘリで搬送され、救命救急センターに移される負傷者=ドラマのロケ地でもある千葉県印西市の日本医科大千葉北総病院で

障害があっても強く生きる患者と、勇気もらう医師

 ◇ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」第3シーズン(2017年) 事故で突然、大切な身体機能を失うことがある。不意に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア