病気を知る教養としての診断学

カズイスチカ~見て診断は昔も今も基本の「き」

津村圭 / 府中病院総合診療センター長

診断学は時空を超える【5】

 森鴎外は、「舞姫」「高瀬舟」「雁」など多くの短編小説を著作し、童話作家アンデルセンの小説を「即興詩人」として翻訳した明治時代の文豪です。医師でもあった森鴎外は、その経験をもとに「カズイスチカ」という小説を書きました。カズイスチカ(casuistica)はラテン語で、日本語の意味としては「症例報告」あるいは「臨床の記録」です(注1)。

 この小説では、主人公である花房(はなぶさ)医師は、父親の診療所で代診をしています。その中で出合った…

この記事は有料記事です。

残り2356文字(全文2587文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
津村圭

津村圭

府中病院総合診療センター長

つむら・けい 大阪府出身。1977年大阪市立大学医学部を卒業後、国立循環器病センター(現・国立循環器病研究センター)に心臓内科レジデントとして勤務。その後の28年間は大阪市立大学医学部教員として、学部学生、大学院学生、研修医、指導医、教員の指導と医学部カリキュラムの企画と作成に携わった。診療面では循環器内科をベースとしつつ、早い時期から原因疾患の判別が困難な症例で、診断を担当する総合診療医として従事。研究面では、各種疾病のリスクファクターについての臨床疫学研究を行い、ランセット(Lancet)など欧米医学誌で発表してきた。2014年1月から現職。総合診療医として地域医療に関わるとともに、初期、後期研修医の指導を担当、臨床研修室顧問も兼任する。地域医療を充実させるため院内に家庭医療専門医後期研修プログラムを立ち上げるなど、診療と教育をリンクさせた活動を現在も続けている。府中病院ウェブサイト

イチ押しコラム

Dr.林のこころと脳と病と健康

「依存」と「治療」の見えにくい境界線

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【7】 「薬をやめたいんです」という方が精神科を受診されることが時々あります。たとえば、…

無難に生きる方法論

コレステロールが認知症リスクを下げる?

 コレステロールは健康被害の代名詞のような存在だが、以前から指摘しているように体の重要な構成要素の源であり、多くのホルモン、特に性…

医をめぐる情景
「彼女が目覚めるその日まで」全国ロードショー中/配給KADOKAWA ©2016 On Fire Productions Inc.

統合失調症と誤診された“幻聴とけいれん”の正体

 ◇映画「彼女が目覚めるその日まで」(2016年) 幻覚や妄想、躁(そう)うつなどの症状を、統合失調症に代表される精神病と診断する…

人類史からひもとく糖質制限食

「炭水化物が命を縮める」 衝撃論文の中身とは

 「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」という内容の論文(注)が2017年、英医学誌ランセットに掲載されました。一般の人には、衝撃…

旅と病の歴史地図

渡航前のワクチン接種が命を救う

 ◇ブラジルで黄熱流行が拡大 今年に入ってからブラジル南東部で黄熱(黄熱病)の流行が拡大しています。ブラジルでは以前からアマゾン川…

超高齢化時代を生きるヒント
1980年は山口百恵さんと三浦友和さんが結婚した年=毎日グラフ1980年12月7日号から

“生涯未婚者急増”でさらに重要「成年後見」

 前回、法定後見が安易に適用されている実態をお伝えしました(「『成年後見』安易な利用で人権侵害のおそれも」)。しかし、成年後見制度…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア