病気を知る開眼!ヘルシーアイ講座

稲光やちりが見え、視野が狭まる…目に何が?

栗原俊英 / 慶應義塾大学特任准教授

裂孔原性網膜剥離【前編】

 「“目の毒”と日々闘う網膜の仕組み」でお話ししましたが、網膜は、神経細胞の集まりである「感覚網膜」とそれを構造的・機能的に支える「網膜色素上皮」に分かれます。光を受け止める視細胞は感覚網膜の一番奥に存在しますが、この細胞は網膜色素上皮と接していなければうまく機能することができません。この「感覚網膜」が「網膜色素上皮」から離れてしまうことを網膜剥離と言います。

 今回と次回の2回で、網膜剥離とはどのような病気なのか、治療法はどのように進展したのかについて述べた…

この記事は有料記事です。

残り1917文字(全文2160文字)

栗原俊英

栗原俊英

慶應義塾大学特任准教授

くりはら・としひで 2001年に筑波大学医学専門学群卒業後、同年、慶應義塾大学医学部眼科学教室入局。09年、慶應義塾大学大学院医学研究科修了(医学博士)、09~13年米国スクリプス研究所研究員。帰国後、13年に慶應義塾大学医学部眼科学教室助教、15年に同教室特任講師を経て、17年から同教室特任准教授。網膜硝子体が専門。慶應義塾大学病院で網膜硝子体外科外来、メディカルレチナ外来を担当すると共に、医学部総合医科学研究センター光生物学研究室(栗原研究室)で低酸素環境における網膜の反応、光環境に対する生体反応を中心に研究を展開する。

イチ押しコラム

Dr.林のこころと脳と病と健康

SNSがうその温床 演技性パーソナリティー障害

 ◇うそつきは病気か【4】 虚言と関係の深いパーソナリティー障害の一つに、「演技性パーソナリティー障害」があります。名前の通り、「…

無難に生きる方法論

大阪北部地震「電車閉じ込め」でパニック発作

 前回、「不安障害は人生の損」と語った患者さんを紹介した(「あなたの“のぼせ、動悸、発汗”は『不安障害』かも」)。 不安障害は単独…

人類史からひもとく糖質制限食
魚や野菜、豆類など健康的な食品

糖尿病医師「スーパー糖質制限食16年」の成果は

 「糖質制限食は短期的な効果は明確であるが、長期的なエビデンス(医学的根拠)がなく、安全性も担保されていない」という意見を見かけま…

医をめぐる情景
ナッシュを演じたラッセル・クロウと、妻役のジェニファー・コネリー (C)2001 Universal Studios and DreamWorks LLC.All Rights Reserved. TM & (C)2012 DreamWorks LLC and Universal Studios. All Rights Reserved.

統合失調症の幻覚とともに生きたノーベル賞数学者

 ◇映画「ビューティフル・マインド」(2001年) まわりの世界がいつもと違って見えて不気味に感じ、周囲の物音がすべて耳に響くよう…

超高齢化時代を生きるヒント
団塊ジュニアが就活をした2000年前後は、過去もっとも厳しい就職氷河期と言われた=2000年12月撮影

「ノボルとヨーコ」団塊ジュニア夫婦が迎える“2060年の現実”

 団塊ジュニア世代は昭和の高度成長期に生まれ、バブル崩壊後の大変動の時代を懸命に生きています。その彼らが高齢期を迎える2060年ご…

旅と病の歴史地図
サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で初戦のコロンビア戦に勝利し、喜び合う日本の選手たち=ロシア・サランスクで2018年6月19日、長谷川直亮撮影

サッカーW杯 ロシアで観戦ならダニと麻疹に注意

 ロシアでサッカー・ワールドカップ(W杯)が開幕し、各地で熱戦が繰り広げられています。ロシアはユーラシア大陸にまたがる広大な国です…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア