健康に暮らすみんなの心と体 癒やして守るヒント

HOT患者の働き方を制限する社会のバリアー

和田裕雄 / 順天堂大学准教授

慢性呼吸不全患者の生活【後編】

 前回は、慢性呼吸不全を患い在宅酸素療法(Home Oxygen Therapy :HOT)で治療中の患者さんの苦しみについてお話ししました。今回はHOTを受ける患者さんの仕事・就業に焦点を当てて考えてみます。

HOT患者の低い就業率

 私は2015年まで、前職の大学病院の外来で呼吸器疾患の患者さんを診察していました。当時、多くの患者さんから、HOTは「見かけが悪い」「常に鼻にカニューラ(チューブ)を装着し、酸素供給機器を携行しているのは面倒だ」「2台目の酸素ボンベ設置は保険適応外で、また場所も取るため、職場に酸素ボンベを持って行くことができない」などと訴えられました。その度に、低酸素状態や間欠的低酸素状態(酸素濃度が低下したり正常レベルに戻ったりを繰り返す状態)が健康へ及ぼす影響、HOTの有効性を説明して理解を求めてきました。

 しかし、仕事については、本音では「病人に仕事をさせるなんて、とんでもないことだ。休ませてあげられる…

この記事は有料記事です。

残り2211文字(全文2643文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
和田裕雄

和田裕雄

順天堂大学准教授

わだ・ひろお 1993年、東京大学医学部卒。東京大学医学部付属病院、東京大学医科学研究所、英国Imperial College London留学、杏林大学付属病院呼吸器内科学教室などで、特に閉塞性肺疾患、慢性呼吸不全などの呼吸器疾患に焦点を当てて診療・研究・教育に携わってきた。2014年より順天堂大学公衆衛生学講座准教授として、予防医学や産業医学の分野で地域や働く人たちの健康管理にも目を配っている。医学博士、内科学会専門医、呼吸器学会専門医、老年医学会専門医。

イチ押しコラム

旅と病の歴史地図

海外旅行中の病院 どう探す?どう使う?

 海外で病気になったり、けがをしたりしたら、どのように病院にかかったらいいでしょうか。渡航を予定している人から、そんな質問をよく受…

Dr.林のこころと脳と病と健康

「依存」と「治療」の見えにくい境界線

 ◇「やめられない」の先にある破滅 依存症【7】 「薬をやめたいんです」という方が精神科を受診されることが時々あります。たとえば、…

無難に生きる方法論

コレステロールが認知症リスクを下げる?

 コレステロールは健康被害の代名詞のような存在だが、以前から指摘しているように体の重要な構成要素の源であり、多くのホルモン、特に性…

医をめぐる情景
「彼女が目覚めるその日まで」全国ロードショー中/配給KADOKAWA ©2016 On Fire Productions Inc.

統合失調症と誤診された“幻聴とけいれん”の正体

 ◇映画「彼女が目覚めるその日まで」(2016年) 幻覚や妄想、躁(そう)うつなどの症状を、統合失調症に代表される精神病と診断する…

人類史からひもとく糖質制限食

「炭水化物が命を縮める」 衝撃論文の中身とは

 「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」という内容の論文(注)が2017年、英医学誌ランセットに掲載されました。一般の人には、衝撃…

超高齢化時代を生きるヒント
1980年は山口百恵さんと三浦友和さんが結婚した年=毎日グラフ1980年12月7日号から

“生涯未婚者急増”でさらに重要「成年後見」

 前回、法定後見が安易に適用されている実態をお伝えしました(「『成年後見』安易な利用で人権侵害のおそれも」)。しかし、成年後見制度…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア