医療・健康Tips

痛い口内炎は、原因を突き止めてから対処を!

  • 文字
  • 印刷

 口内炎ができると、食べものがしみたり、歯が磨きにくかったり、不快な状態が続きます。できるなら口内炎は防ぎたいもの。過労や栄養不足がきっかけとなることもありますが、もしかしたら他の原因が隠れているかもしれません。

 口内炎とは、舌やほおの内側、歯ぐきなど口腔の粘膜に炎症が起こり、潰瘍や水疱ができる疾患です。多くみられるのが、「アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)」で、2~10ミリほどの丸くて白い潰瘍ができます。原因として、過労による免疫力の低下、栄養不足などが考えられます。

 一方、傷に細菌やウイルスが入り込み炎症を起こす「カタル性口内炎」もあります。入れ歯や矯正器具が接触…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1158文字)