2004年にアフリカのオンコセルカ症流行地帯を視察し、現地の人たちと交流するノーベル医学生理学賞(15年)受賞者の大村智さん。NTDのオンコセルカ症やリンパ系フィラリアの治療薬イベルメクチンの開発に貢献したことが受賞理由=大村智さん提供
2004年にアフリカのオンコセルカ症流行地帯を視察し、現地の人たちと交流するノーベル医学生理学賞(15年)受賞者の大村智さん。NTDのオンコセルカ症やリンパ系フィラリアの治療薬イベルメクチンの開発に貢献したことが受賞理由=大村智さん提供

特集・ニュース医療・健康Tips

特定地域で広がる感染症・寄生虫症、NTDへの対策

 WHO(世界保健機関)は現在、アフリカ睡眠病や住血吸虫症など特定の地域だけで感染が勃発する18の病気を、顧みられない熱帯病(NTD)としています。2000年になってからNTDの治療や感染予防の研究・開発が国際的に活発になり、日本も大きな役割を果たしています。

 「顧みられない熱帯病=Neglected Tropical Diseases (NTD)」。聞きなれない言葉ですが、熱帯の発展途上国や紛争地区、大都市のスラムなど、衛生状態の改善が必要な貧困地域などで蔓延する感染症と寄生虫病を指します。なかには命にかかわる重病や、重い後遺症が残るものもあり、全世界で約15億人の感染者がいると推測されています。

 WHOはNTDとして、デング熱、狂犬病、トラコーマ、ブルーリ潰瘍、トレポネーマ感染症、ハンセン病、…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1582文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

イチ押しコラム

旅と病の歴史地図
サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で初戦のコロンビア戦に勝利し、喜び合う日本の選手たち=ロシア・サランスクで2018年6月19日、長谷川直亮撮影

サッカーW杯 ロシアで観戦ならダニと麻疹に注意

 ロシアでサッカー・ワールドカップ(W杯)が開幕し、各地で熱戦が繰り広げられています。ロシアはユーラシア大陸にまたがる広大な国です…

無難に生きる方法論

見過ごすと危険 妻の無言は「怖い最後通告」

 前回、夫の上から目線の言動で妻に更年期のような症状が起きる「夫源病」についてお伝えした(「更年期迎えた妻の最大ストレスは『夫』と…

Dr.林のこころと脳と病と健康
絵=画家・絵師 OZ-尾頭-山口佳祐(http://oz-te.com)

自己愛性パーソナリティー障害から出る危険なうそ

 ◇うそつきは病気か【2】 自分を実際よりよく見せるためのうそは誰でも多少はつきますが、自己愛性パーソナリティー障害の人は、とても…

人類史からひもとく糖質制限食

「大量飲酒+喫煙指数20以上」で食道がんリスク増大

 今回は、「酒」と「たばこ」と「食道がん」のお話です。この三つの関係について、興味深い研究結果を見つけたのでご紹介しましょう。糖質…

医をめぐる情景
主演の杉村春子さん(左)と、新藤兼人監督の妻で共演の乙羽信子さん(右)

「午後の遺言状」新藤兼人監督が描いた“老い”

 ◇映画「午後の遺言状」(1995年) 久しぶりに会った親友が認知症になっていて、あなたのことがわからなくなっていたら、あなたはど…

超高齢化時代を生きるヒント
健康福祉センターの食事会に集まった地域の高齢の人たち

大切な人のため「胃瘻で生きる」愛もある

 これまで、高齢化の話や成年後見のこと、介護サービスのことをいろいろ書いてきました。今回は、みなさんの将来に必ず起きることについて…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア