2017年の東京マラソンの38km付近で並走するランナー=2017年2月26日、代表撮影
2017年の東京マラソンの38km付近で並走するランナー=2017年2月26日、代表撮影

東京マラソン準備【中】

 東京マラソンまで、あと2週間ですね。前回は心拍数を知ることの大切さについてお話ししました。大会中に心臓発作になってしまうことがないように、自分の心拍数をちゃんと測定してください。さて今回は、フルマラソン中のトラブルを漢方で乗り切るコツについてお話しします。

脚の痛みには芍薬甘草湯

2017年の東京マラソンで、外堀通を走るランナーたち=東京都新宿区で2017年2月26日、代表撮影
2017年の東京マラソンで、外堀通を走るランナーたち=東京都新宿区で2017年2月26日、代表撮影

 新コースの東京マラソンは、スタートの5kmを自分の予定したペースよりも速く走ってしまいがちで、25km地点あたりから脚の痛みを訴えるランナーが急増します。そこを乗り越えても、直線のコースで単調な走りになりやすく、日陰の多いビル街を通る際に体が冷えてしまう35km地点で脚の痛みを訴えるランナーが多くいます。

 しかし、以前「安易な服用は危険!マラソン中の痛み止め」でお話ししたように、スポーツの最中に痛み止めを服用することは危険です。そこで、漢方の芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)の服用をお勧めします。

芍薬甘草湯が効く仕組み

 筋肉の収縮は、筋肉の細胞内外の電位差によって起きます。筋肉の細胞に神経細胞から収縮の命令が伝わると、筋肉の細胞の中にカルシウムイオンが入って、逆に細胞の外にカリウムイオンが出て行くことで電位差ができるのです。

 フルマラソンは長時間激しい運動を行うので、脚の神経細胞と筋肉の細胞をつなぐ部分に電気的な過剰ストレスが発生してしまい、痛みが生じます。芍薬甘草湯はイオンバランスを正常にし、過剰ストレスを抑える作用があるのです。ただし、高度に脱水を起こしている場合は、腎機能が低下して血液中の余分なイオンを取り除くことができない状態なので効きません。イオンバランスを正常化させるためには、給水所で必ず水分を摂取し、カリウムイオンが補給できるバナナを食べるといいでしょう。

 芍薬甘草湯を服用するタイミングは、脚に違和感を覚えたときです。しかし、服用は1大会で1~2回までにしてください。

男女7人ずつで漢方の効き目を調査

 次に、「漢方と診療」(2016年)に投稿した私の医療施設のデータを紹介します。まず、男性7人(平均年齢48歳)と女性7人(平均年齢50歳)にスポーツ大会で使う漢方の講義をしました。そして、実際の大会の最中に症状を感じたら漢方薬を服用してもらいました。

 本当は一緒に走って症状をみながら漢方薬を渡したかったのですが、さすがに全ての大会でドクターランナーはできません。

 漢方薬の評価は、協力者に「改善」「やや改善」「改善せず」の3段階で答えてもらいました。結果は表の通りです。服用によって重篤な副作用が出た方はいませんでした。

「漢方と診療」(2016年)に筆者が投稿した「スポーツ大会における漢方の有効性の検討」を基に作成
「漢方と診療」(2016年)に筆者が投稿した「スポーツ大会における漢方の有効性の検討」を基に作成

冷え対策には葛根湯、八味地黄丸

 葛根湯(かっこんとう)は体温を上昇させる効果があります。使用した7人全員が「全身の冷えが改善」したと答えました。また、葛根湯には痛みを取る効果もあります。しかし、構成成分である麻黄(マオウ)には、ドーピングの禁止成分であるエフェドリンが含まれます。さらに、麻黄の発汗作用が脱水症を引き起こすこともあり得ますので、服用するなら十分な量の水分補給が必要です。葛根湯は体力のある人が使うものなので、30km以降を歩いてしまうことの多いランナーは、体の弱い人や高齢者が使う桂枝湯(けいしとう)の方がいいでしょう。

 冷え対策なら、八味地黄丸(はちみじおうがん)もあります。構成成分の桂皮(ケイヒ)と附子(ブシ)には冷えを直す作用があります。冷えだけでなく、逆に熱感が強い場合にも使えます。東京マラソンのように、スタート時の朝はとても寒く、昼過ぎには日差しを遮る物がない所を走るといった気温の変動が大きな大会にはお勧めです。

頭痛には釣藤散

 頭痛を起こしやすい方は、釣藤散(ちょうとうさん)を使うといいでしょう。使用した2人が両方とも「頭痛が改善」したと答えています。成分の菊花(キクカ)が頭痛を軽減し、人参(ニンジン)と附子が元気を取り戻します。

 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、体の疲れ、食欲不振、胃弱、こじれて長びく風邪、インフルエンザ、手術後などで体力が弱っている時に用いる薬です。体力低下に対する効果を見てみたのですが、使用者6人中4人が「改善を認めず」、2人が「やや改善」と答えました。残念ながらマラソン大会中に体力を回復するようなものではなく、やはり病気の人のための薬として使うべきものだということが分かりました。

馬油でのスキンケアも効果的

 フルマラソンの最中に、おなかが痛くなったり、脚がけいれんしたり、脱水が進みすぎたりする症状を予防する天然の成分は、馬油です。馬油を皮膚に塗って走ってください。

 フルマラソンで意外と盲点になるのはスキンケアです。スキンケアを怠ると、直射日光にさらされれば毛穴が傷み、その後、水分の蒸発が進み過ぎてしまいます。冷えたコースでは、毛穴から低温になっていきます。

 馬油には天然のミネラルや性ホルモンが入っていて、さらに毛穴を守る効果もあります。中に含まれるホルモンは微量ですから健康を損なうことはありません。

 私のよく知っている女性ランナーで、30km地点からいつも腹痛を感じる人がいました。上位クラスのランナーで、いつも薄着でおなかを出して走っていました。ですので、おなかにたっぷりと馬油を塗ってもらいました。それ以来、冷えて腹痛になることはなくなったそうです。

最善の予防策を

 東京マラソンのコースは昨年から変更されました。新コースの特徴は、ちょうど1年前に、「安全に楽しく速く!東京マラソンの走り方」でお話ししていますので参考にしてください。

 それでは、本番でトラブルを起こさないように、最善の予防策をしてください。次回は、走った当日からできるアフターケアについて、東京マラソンの直前にお話しします。

医療プレミア・トップページはこちら

奥井識仁

奥井識仁

よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長

おくい・ひさひと 1999年東京大学大学院修了(医学博士)後、渡米し、ハーバード大学ブリガム&ウイメンズ病院にて、女性泌尿器科の手術を習得する。女性泌尿器科とは、英語でUrogynecology。“Uro”は泌尿器科、“Gynecology”は婦人科を意味し、“Urogynecology”で、両科の中間にあたる部門という意味がある。都内の複数の大学病院から専門領域の診療に関する相談を受けながら、「よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック」を運営し、年間約800件の日帰り手術を行っている。水泳、マラソン、トライアスロンなどのスポーツ、音楽(サックス演奏)が趣味で、さまざまなスポーツ大会にドクターとして参加している。著書に「人生を変える15分早歩き」「ドクター奥井と走るランニングのススメ」(いずれもベースボールマガジン社)など。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論

季節の変わり目の「めまい、耳鳴り」は気象病かも

 秋が深まり、冬の寒さに切り替わる11月は寒暖の差が大きく、体調を崩す人が多い。寒暖の差が大きいと自律神経が乱れ、めまいや耳鳴り、…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

旅と病の歴史地図

「海外出張183日」高裁が過労死を認めた理由

 ◇首相の外遊は過重労働? 政治家の海外出張を「外遊」と呼びます。その字を見ると遊びのようにとられますが、この「遊」は「旅」を意味…

超高齢化時代を生きるヒント

「痛みと医療費」二重に苦しむ若年がん患者たち

 高齢化社会をどう生きるか、高齢化社会を支える仕組みが今後どうなるのか--本連載はこれらを中心にお伝えしていますが、若い人から「高…

医をめぐる情景
ドクターヘリで搬送され、救命救急センターに移される負傷者=ドラマのロケ地でもある千葉県印西市の日本医科大千葉北総病院で

障害があっても強く生きる患者と、勇気もらう医師

 ◇ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」第3シーズン(2017年) 事故で突然、大切な身体機能を失うことがある。不意に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア