医療・健康Tips

あごの変形による、かみ合わせや発音のトラブル

  • 文字
  • 印刷

 受け口や出っ歯などの悩みを抱えている人は意外と多いもの。あごの位置や大きさの異常により、かみ合わせが悪い、顔面が変形しているなどの場合は、顎変形症(がくへんけいしょう)が考えられます。変形が大きいと、発音に支障が出ることもあります。

 顎変形症とは、あごの骨の位置や大きさの異常によって、日常生活に支障をきたしている状態です。下顎が極端に前に出ている(受け口)、下顎が奥に引っ込んでいる、上下のあごが左右にずれている、上下のあごの骨の大きさが違うなど、さまざまなケースがあります。

 あごの変形があると、食べ物がしっかり噛めない、かみ合わせが悪い、口の中に汚れが溜まりやすい、発音が…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文946文字)