医療プレミア現代フランス健康事情

フランスでもはしかが大流行の兆し

竹内真里 / パリ在住ライター

 ラジオ番組の間に「ワクチン接種をしましょう」と何度も流れるCM。4月24日から30日は世界予防接種週間だった。

 日本で感染者が増えているというニュースがあったが、フランスでも昨年11月ごろから、ワインで有名な街ボルドーがある仏南西部ヌーベルアキテーヌ地域圏を中心に、はしか(麻疹)が流行している。昨年11月6日から今年4月22日時点で1947件の感染数が報告された。101ある県のうち、78の県に感染が広がっている。ビエンヌ県ポワティエの病院では2月、はしか予防接種歴のない32歳の女性が亡くなった。

 まだ発症者が出ていない県もあるが、まとまった休みに小旅行に出かけ、子どもたちもよく移動するお国柄。…

この記事は有料記事です。

残り2190文字(全文2491文字)

竹内真里

竹内真里

パリ在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はパリ市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。

イチ押しコラム

旅と病の歴史地図
海外に向かう人たちで混雑する国際線の出発カウンター=愛知県常滑市の中部国際空港で2018年8月10日、大西岳彦撮影

飛行機内と空港 感染症リスクが高いのはどちら?

 ◇韓国で3年ぶりにMERS患者が発生 韓国の保健当局は9月8日、中東クウェートから帰国した61歳の韓国人ビジネスマンが中東呼吸器…

無難に生きる方法論

便利家電と「女性のうつ」の深い関係

 女性のうつ病の初発症状には、「夕食の献立を思いつかない」が多い。特に専業主婦に起きやすいとされる。本人ではなく家族が気づいて受診…

医をめぐる情景

「失恋でうつ」の友人を励ますのはいけないこと?

 ◇楽曲「元気を出して」(1984年) 竹内まりやが作り、歌った「元気を出して」は、失恋して落ち込んだ女友だちを女性が励ます歌だ。…

人類史からひもとく糖質制限食

「正常範囲内の高血糖」でも全がんリスクが高まる

 国立がん研究センターがん予防・健診研究センター・予防研究グループが2015年、興味深い論文を発表しました。翌年には英文医学雑誌に…

超高齢化時代を生きるヒント

アルバイト医師が回す「在宅医療クリニック」の闇

 医学部5年生だった1989年の夏休み、私は実家近くにあるM先生のクリニックで1週間の実習をしていました。晴れて暑い水曜日の午後、…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア