ヘルスデーニュース

「禁煙」の部屋でもたばこの煙の残留物が蓄積

  • 文字
  • 印刷

 誰もたばこを吸わない部屋にも、有害なたばこの煙の残留物が潜む可能性があることが報告された。米ドレクセル大学の研究者らが行った新しい研究により、誰もいない禁煙の教室内でも、空気中にたばこの煙の残留物(副流煙残留物)に関連する微粒子が多く浮遊していることが明らかになった。

 こうした残留物から有害物質を吸入することは「三次喫煙(third-hand smoke)」と呼ばれている。この研究の報告は「Science Advances」5月9日オンライン版に掲載された。

 同大学環境工学科准教授のPeter DeCarlo氏らは、機械的に換気が行われている屋内の大学の教…

この記事は有料記事です。

残り1518文字(全文1800文字)