東京で開かれたセクハラ抗議集会のプラカード=東京都新宿区で2018年4月28日、丹治重人撮影
東京で開かれたセクハラ抗議集会のプラカード=東京都新宿区で2018年4月28日、丹治重人撮影

医療プレミア誰も言わない うつの本音

人間不信と心身不調で「セクハラ失業2割」の深刻度

西川敦子 / フリーライター

 福田淳一財務事務次官のセクハラ辞任、麻生太郎財務相の「セクハラ罪はない」発言、そしてセクハラ疑惑を指摘された高橋都彦・東京都狛江市長の辞職--“偉い人たち”のセクハラ炎上が続いている。21世紀とは思えないほどの“セクハラ感度の鈍さ”だ。

 セクハラを職場の潤滑油、あるいは悪意のない冗談と主張する人がいるが、とんでもない。具体的な被害を伴う悪質な行為だ。

 セクハラ被害者が人知れず心を病み、その結果会社を辞めていくことをみなさんはご存じだろうか。「辞めた…

この記事は有料記事です。

残り3486文字(全文3713文字)

西川敦子

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。釣り関連の編集プロダクション勤務、温泉仲居を経て、2001年から執筆活動。経済誌、新聞、人事関連雑誌などで、メンタルヘルスや家族問題、働き方をテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」(ダイヤモンド社)など。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
元気に体操をする高齢者

「元気なうちの意思表示」で不要な身体拘束を避ける

 介護施設での虐待や拘束が大きな問題となっている。職員による暴力などの虐待はもちろんあってはならないことだが、身体拘束については、…

超高齢化時代を生きるヒント
高齢になった時だれが介護をしてくれるのか

「家族介護はいつか破綻」在宅医が見たつらい現実

 私が在宅医療を始めた30年近く前、千葉県の南房総地方では、多くの患者さんは家族に愛され、家族は「私がこの人を見てあげるんだ」とい…

医をめぐる情景

夏の恋への不安を歌った「胸騒ぎの腰つき」

楽曲「勝手にシンドバッド」(1978年)  湘南を舞台に恋を歌った歌詞、にぎやかで明るいサウンド。サザンオールスターズを一躍有名に…

旅と病の歴史地図

「最強の感染症」狂犬病のリスクはイヌだけじゃない

ギネス第1位の感染症 少し前のギネス世界記録に「最も致死率の高い感染症」というカテゴリーがありました。ここにランキングされていたの…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア