特集・ニュース医療・健康Tips

かくれた大人のADHD

 子どものころから、「時間が守れない」「忘れ物が多い」などの失敗を繰り返す場合、ADHDという発達障害が考えられます。ADHDによって、大人になってもさまざまな困難を抱えている人は少なくありません。ただし、適切な治療や日常生活の工夫で、生きづらさを改善することが可能です。

ADHDを正しく理解する

 生まれつき、脳の働きの一部の偏りのために、子どものときから生活面でさまざまなつまずきを引き起こす場合、発達障害の存在が疑われます。Attention Deficit Hyperactivity Disorder(日本語では、「注意欠陥多動性障害<注意欠如多動症>」と呼ばれています)の頭文字を略したADHDも、その発達障害のひとつです。12歳より前から、不注意や多動性、衝動性が強く現れ、生活にさまざまな困難を来したときに診断されます。

 ADHDの子どもには、「授業中に席を離れる」「会話に割り込む」「順番が待てない」「話しかけられても…

この記事は有料記事です。

残り2758文字(全文3175文字)

イチ押しコラム

旅と病の歴史地図

「最強の感染症」狂犬病のリスクはイヌだけじゃない

ギネス第1位の感染症 少し前のギネス世界記録に「最も致死率の高い感染症」というカテゴリーがありました。ここにランキングされていたの…

無難に生きる方法論

季節の変わり目の「めまい、耳鳴り」は気象病かも

 秋が深まり、冬の寒さに切り替わる11月は寒暖の差が大きく、体調を崩す人が多い。寒暖の差が大きいと自律神経が乱れ、めまいや耳鳴り、…

人類史からひもとく糖質制限食

糖質含むカロリー制限食では糖尿病を防げない?

 福岡県久山町は、福岡市の東に隣接する人口約9000人の町です。九州大大学院のチームが1961年以来、40歳以上の町民を対象に脳卒…

超高齢化時代を生きるヒント

「痛みと医療費」二重に苦しむ若年がん患者たち

 高齢化社会をどう生きるか、高齢化社会を支える仕組みが今後どうなるのか--本連載はこれらを中心にお伝えしていますが、若い人から「高…

医をめぐる情景
ドクターヘリで搬送され、救命救急センターに移される負傷者=ドラマのロケ地でもある千葉県印西市の日本医科大千葉北総病院で

障害があっても強く生きる患者と、勇気もらう医師

 ◇ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」第3シーズン(2017年) 事故で突然、大切な身体機能を失うことがある。不意に…

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア