子どものころにおたふくかぜにかかり、ムンプス難聴を発症した医師の稲田美紀さん
子どものころにおたふくかぜにかかり、ムンプス難聴を発症した医師の稲田美紀さん

特集・ニュース医療プレミア特集

「半分、青い。」ムンプス難聴の医師が伝えたいこと

中村好見 / 毎日新聞 医療プレミア編集部

おたふくかぜとムンプス難聴【後編】

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン楡野鈴愛(にれの・すずめ)が左耳を失聴した「ムンプス難聴」。最近、おたふくかぜにかかった人の数百人~1000人に1人が発症する病気であること、大人の発症も珍しくないことがわかってきました。唯一の予防法はワクチン接種ですが、日本では任意接種のまま、接種率は3~4割にとどまっています。今回は、子どものころにおたふくかぜにかかってムンプス難聴を発症した橋場診療所(東京都台東区)副所長で医師の稲田美紀(みのり)さん(43)に、当事者として今思うことを聞きました。

 --子どもがおたふくかぜにかかってムンプス難聴になっても、聞こえないことの自覚がなかったり、違和感…

この記事は有料記事です。

残り3493文字(全文3813文字)

中村好見

中村好見

毎日新聞 医療プレミア編集部

なかむら・よしみ 1984年生まれ。2008年に毎日新聞社へ入社、高松支局、和歌山支局を経て15年から医療プレミア編集部。幼少時に家族がくも膜下出血で倒れた経験から、医療とそれを取り巻く社会問題に興味を持つ。関心のあるテーマは公衆衛生、根拠と語りに基づく医療など。twitter:@yoshimi_nakamu

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア