ヘルスデーニュース

休暇のリフレッシュ効果は長続きしない

  • 文字
  • 印刷

 多くの働く人にとって、休暇を取ることは仕事のストレスから解放され、活力を回復するのに有効な手段だ。しかし、米国心理学会(APA)が6月27日に発表した「仕事と幸福感に関する調査(Work and Well Being Survey)2018」によると、労働者の6割以上はこうした休暇によるリフレッシュ効果は、仕事に戻って数日以内に消え去ってしまうと感じていることが分かった。

 この調査は、APAが調査会社のHarris Poll社に委託し、2月15日~3月1日にかけて、米国…

この記事は有料記事です。

残り1112文字(全文1350文字)