健康に暮らす今日のセカンドオピニオン

「強い痛みが止まらない…」帯状疱疹後神経痛とは

【Q】:発疹と痛みで皮膚科を受診し、抗生物質と痛み止めの薬を服用しましたが、痛みが治まりません。帯状疱疹(ほうしん)後神経痛はもう治らないのでしょうか。(大阪府貝塚市、男性、90歳)

【A】:痛みの治療の専門家のもとで粘り強く治療しましょう

 帯状疱疹は、水ぼうそう(水痘)の原因ウイルスによって起こります。水ぼうそうは多くの人が子どもの頃にかかり、1週間ほどで治りますが、ウイルスは体の神経節に潜伏します。そして加齢などで免疫力が低下すると再活性化し、痛みの強い皮疹が出ます。皮疹は数週間で改善しますが、長く残る場合があり、帯状疱疹後神経痛となります。80歳以上では30%、60~65歳では20%で神経痛が発症するとされています。

 治療には、神経に局所麻酔薬を注入する神経ブロック療法や薬物療法がありますが、すべての人に効果がある…

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア