ロンドンのバスの窓ガラスに映るコカコーラの広告
ロンドンのバスの窓ガラスに映るコカコーラの広告

健康に暮らす点描 ロンドン健康生活

賛否渦巻く英国の砂糖税 見えぬ“最終楽章”

末盛亮 / フォトグラファー

続・砂糖をめぐる狂想曲【後編】

 ロンドンの通勤ラッシュはメトロ紙に始まり、イブニング・スタンダード(ES)紙に終わる。メトロは朝、ESは夕方、主要駅で無料配布され、捨てられていく。紙の新聞離れが激しい中、毎日読む新聞はこれだけと言う人もいる。

 2018会計年度がスタートした4月初め、ESは「砂糖税は有効で、拡大すべきだ」という見出し(電子版)の論説を掲載した。「怒りの大衆デモがどこにある? 撤回を求める(新聞)1面の見出しはどこにある? (中略)砂糖飲料に対する新税はほとんど一語の批判もなく施行された」と、記事は今年度から英国で導入された砂糖税を褒めちぎっている。

 それもそのはず。同紙の編集長は、2年前に砂糖税導入を発表したジョージ・オズボーン元財相なのだから。

この記事は有料記事です。

残り1628文字(全文1963文字)

末盛亮

末盛亮

フォトグラファー

すえもり・あきら 新聞記者を経て2002年渡英。大学院で現代戦争平和学、写真ジャーナリズムを修了後、ロンドンを拠点にフリーのフォトグラファーとして活動する。ビデオ作品も撮影。ウェブサイト www.akirasuemori.com

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
HPVワクチンについて議論する県議会を見つめる母親たち

HPVワクチン「推奨派敗訴」と接種の是非は別問題

 ◇理解してから接種する--「ワクチン」の本当の意味と効果【37】 HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンに関連して、国内外の関…

理由を探る認知症ケア
 

「家に帰りたい」は単なる帰宅願望ではなかった!?

 ◇「家に帰りたい」と言い続けるB子さん 最愛の夫を亡くしたことをきっかけに、認知症による混乱が増えてしまったB子さん。子どもたち…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
玄米ごはん定食。論文によると、日本の食事で、死亡に影響している問題点は、1位が塩分過剰、2位は全粒穀物(玄米など)の不足だった

年1100万人を死なせる世界「不健康な食事」ランク

 全世界で年間1100万人、成人してから亡くなる人の5人に1人が、不健康な食事が原因で亡くなっている。喫煙や高血圧による死者より多…

無難に生きる方法論
 

「うつ病に効果あるかも」お笑いと健康の関係は

 明るく楽しく過ごすことが健康につながり、がんや高血圧、糖尿病の治療に良い効果があることはよく知られている。例えばがんと診断され、…

超高齢化時代を生きるヒント
東京都福生市の公立福生病院=2019年3月8日、本社ヘリから

「命は誰のものか」を深く問いかける透析中止問題

 人工透析を受けていた44歳の女性患者が、東京都福生市の公立福生病院の医師に透析中止の選択肢を示され、中止を選んだ後、死に至りまし…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア