健康に暮らす今日のセカンドオピニオン

緑内障の進行を防ぐにはどうしたらよい?

【Q】2年前に緑内障と診断され、点眼薬「ミケラン」を処方されましたが、症状が進み「タプロス」になりました。どうすれば進行しなくなりますか。(東京都杉並区、女性、46歳)

【A】点眼薬をきちんと使用しましょう

 緑内障は日本人の失明原因1位の疾患で、眼球内の圧力(眼圧)が高まり発症します。眼球は、房水と呼ばれる水が循環して球形を保っています。房水は主に角膜と虹彩(黒目の周囲)が接する部分から排出されますが、何らかの原因で排出されにくくなると、眼圧が高まり、視神経が障害されます。放置すると、多くの場合、長期間(10~20年)かけて進行し、失明することがあります。

 このため早期からの治療が重要です。最優先されるのが点眼薬で眼圧を下げる薬物治療です。タプロスなどの…

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

無難に生きる方法論
名古屋大に合格し胴上げされる受験生=名古屋市千種区で2019年3月9日、大西岳彦撮影

不登校の子から医師に届いた「桜咲く」の知らせ

 不登校の子どもの世話をしていると、毎年3月はうれしい知らせが届く。中学や高校で不登校になった子どもたちが何とか学業を維持し、一番…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア