寒さのなか、シャンゼリゼ大通りに集まったデモ隊=パリで2018年11月24日、幾島健太郎撮影
寒さのなか、シャンゼリゼ大通りに集まったデモ隊=パリで2018年11月24日、幾島健太郎撮影

医療プレミア現代フランス健康事情

パリでは「自分でインフルワクチンを買って」打つ

竹内真里 / パリ在住ライター

パリ・インフルエンザ事情(前編)

 12月に入り、灰色の空模様が増えてきた。11月半ば以降の土曜日は、燃料税増税への反発から週末デモが繰り返され、車両炎上で黒煙も空を覆っていたが、同時にクリスマスデコレーションもキラキラと街を彩り始めている。パリの冬はせわしない。そして多くの国と同じく、この街にもインフルエンザ流行期が到来した。政府は10月初旬以降、インフルエンザワクチン接種キャンペーンを始めている。国内では毎年約200万~400万人がインフルエンザに罹患(りかん)している。2017~18年の流行を数字で見ると……。

・17年12月4日の週から18年3月19日の週まで、主要都市を中心に大流行

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2191文字)

竹内真里

竹内真里

パリ在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はパリ市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
HPVワクチンについて議論する県議会を見つめる母親たち

HPVワクチン「推奨派敗訴」と接種の是非は別問題

 ◇理解してから接種する--「ワクチン」の本当の意味と効果【37】 HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンに関連して、国内外の関…

理由を探る認知症ケア
 

「家に帰りたい」は単なる帰宅願望ではなかった!?

 ◇「家に帰りたい」と言い続けるB子さん 最愛の夫を亡くしたことをきっかけに、認知症による混乱が増えてしまったB子さん。子どもたち…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
玄米ごはん定食。論文によると、日本の食事で、死亡に影響している問題点は、1位が塩分過剰、2位は全粒穀物(玄米など)の不足だった

年1100万人を死なせる世界「不健康な食事」ランク

 全世界で年間1100万人、成人してから亡くなる人の5人に1人が、不健康な食事が原因で亡くなっている。喫煙や高血圧による死者より多…

無難に生きる方法論
 

「うつ病に効果あるかも」お笑いと健康の関係は

 明るく楽しく過ごすことが健康につながり、がんや高血圧、糖尿病の治療に良い効果があることはよく知られている。例えばがんと診断され、…

超高齢化時代を生きるヒント
東京都福生市の公立福生病院=2019年3月8日、本社ヘリから

「命は誰のものか」を深く問いかける透析中止問題

 人工透析を受けていた44歳の女性患者が、東京都福生市の公立福生病院の医師に透析中止の選択肢を示され、中止を選んだ後、死に至りまし…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア