自助具にはさまざまな種類がある=東京都千代田区の日本リウマチ友の会で鈴木敬子撮影
自助具にはさまざまな種類がある=東京都千代田区の日本リウマチ友の会で鈴木敬子撮影

特集・ニュース医療プレミア特集

高齢者にも役立つ関節リウマチ患者用「便利グッズ」

鈴木敬子 / 毎日新聞 医療プレミア編集部

関節リウマチの治療と患者のいま(後編)

 かつて効果的な治療法がなく、体のあちこちの痛みや関節の変形で不自由な生活を余儀なくされた関節リウマチ。生物学的製剤が国内で使えるようになるなど、治療技術の進歩でリウマチは「寛解」(病状が治まって穏やかになること)を望める病となった。しかし、それ以前に発症した患者や難治性の人の中には、関節変形や筋力低下から日常生活のさまざまな場面で困難を抱えている人もいる。彼らが自力で身の回りのことを行う助けとなるのが「自助具」だ。自助具は患者にとってどんな道具なのか。また患者が自助具を使う時の注意点は――。患者団体「日本リウマチ友の会」会長の長谷川三枝子さん(77)と東京女子医科大学東医療センターの理学療法士、倉田典和さんに話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2067文字(全文2401文字)

鈴木敬子

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア