ヘルスデーニュース

プロサッカー選手はALSリスクが高い?

  • 文字
  • 印刷

 プロサッカー選手は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の発症リスクが高い可能性があることが、マリオネグリ薬理学研究所(イタリア)のEttore Beghi氏らが実施した研究で示唆された。この研究では、サッカー選手は、一般集団よりも若年でALSを発症する可能性があることも示された。研究結果の詳細は、米国神経学会(AAN 2019、5月4~10日、米フィラデルフィア)で発表される予定だ。

 ALSは、手や足、顔などを自分の思い通りに動かす際に必要とされる随意筋を支配する神経細胞(運動ニュ…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1231文字)