執筆者紹介

    神崎武法

    元公明党代表

    1943年、中国・天津市生まれ。東京地検検事などを経て、83年衆院選で初当選。以降連続9期当選し、郵政相、公明党代表などを歴任した。2010年に政界を引退。現在は党常任顧問。