執筆者紹介

    赤松広隆

    衆院副議長

    1948年生まれ。県議3期を経て90年衆院初当選。44歳で社会党書記長、民主党国対委員長、選対委員長、副代表、農相、立憲民主党最高顧問などを歴任した。2012年12月に第65代衆院副議長、17年11月から第67代衆院副議長。衆院愛知第5区、当選10回。党籍は立憲民主党。国会内では、議長とともに会派への所属なし。