記者コラム 自衛隊のリアル

平成の平和を支えた「しんどさ」

    初の「戦地」入りとなるイラクのサマワ到着を報告するため、行進する陸上自衛隊本隊の先発隊員=サマワ駐留オランダ軍宿営地で2004年2月8日、岩下幸一郎撮影
    初の「戦地」入りとなるイラクのサマワ到着を報告するため、行進する陸上自衛隊本隊の先発隊員=サマワ駐留オランダ軍宿営地で2004年2月8日、岩下幸一郎撮影

     8月15日に開催された政府主催の全国戦没者追悼式で、天皇陛下がおことばに「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」との一節を新たに加えられたことが話題になった。平成最後の「夏」ということを意識されたのだろうか。新たな平和への思い、ということなのだろうか。

     夏にしか平和と戦争について取り上げない「8月ジャーナリズム」という批判の言葉はあっても、私たち日本人が、8月6日、9日のヒロシマ、ナガサキの原爆の日に続く終戦記念日を機会に、平和について考えることは大事だと思う。もちろん、沖縄で組織的な戦闘が終わった6月23日や東京大空襲の3月10日なども大事な日付ではあるけれど、国民こぞって同じ思いになって考えるのは、夏、8月だと私は信じている。

     確かに、陛下がおっしゃったように、73年もの長い間、戦争がなかったのは大変ありがたいことだ。終戦か…

    この記事は有料記事です。

    残り2740文字(全文3114文字)

    プロフィール

    滝野隆浩

    滝野隆浩

    社会部編集委員

    1983年入社。サンデー毎日記者、前橋支局長などを経て社会部編集委員。著書は「宮崎勤精神鑑定書」「自衛隊のリアル」など。