記者コラム 僕にとっての世界のかたち

マケイン氏と「ソウルの女王」 二つの葬儀が映したもの

    米海軍兵学校敷地内のチャペルから運び出されるジョン・マケイン氏のひつぎ=メリーランド州アナポリスで2018年9月2日、AP
    米海軍兵学校敷地内のチャペルから運び出されるジョン・マケイン氏のひつぎ=メリーランド州アナポリスで2018年9月2日、AP

     先日、米国で歴史的な葬儀が二つ、ほぼ同時に執り行われた。上院議員のジョン・マケイン氏と「ソウルの女王」と呼ばれたアレサ・フランクリンさんの葬儀である。政治とエンターテインメント、それぞれの世界を代表する2人の葬儀。その陰の主役はやはりあの人だった。

     マケイン氏の葬儀がなぜ、これほど注目されるのか。彼の経歴からみてみよう。

     生まれは1936年8月、パナマの米海軍施設である。同じ月、ナチス政権下のドイツ・ベルリンでオリンピ…

    この記事は有料記事です。

    残り4632文字(全文4845文字)

    プロフィール

    小倉孝保

    小倉孝保

    編集編成局次長

    1964年生まれ。88年入社。カイロ、ニューヨーク両支局長、欧州総局長、外信部長を経て現職。英外国特派員協会賞や小学館ノンフィクション大賞、ミズノスポーツライター最優秀賞の受賞歴がある。