政治プレミア 鈴木宗男さん、石破茂さんの寄稿に一言

北方領土交渉「2島」か「4島」か 「切迫性」はあるか? ご意見募集

    櫻田淳さん
    櫻田淳さん

     このたび、読者に喚起するのは、鈴木宗男氏(新党大地代表)の論稿をたたき台にした対露「北方領土」交渉の行方についての議論である。

     鈴木氏は、北方領土交渉に際して、「2島返還プラスアルファ」論を説き、その線での落着を安倍晋三内閣に期待しているようである。それは、現下に囁かれる安倍内閣の「政策変更」を後押しするものであるともいえる。「2島返還プラスアルファ」論の趣旨は、鈴木氏によれば、「歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島については日本が主権を持つ。国後(くなしり)、択捉(えとろふ)の2島についてはロシアが主権を持つ。そのうえで国後、択捉では元島民の自由往来や共同経済活動を進める」というものである。

     鈴木氏の議論は、ただ単に北方領土交渉を進めるという見地に立てば、相応の合理性を帯びたものだといえる。北方四島がロシア施政下にあるという厳然たる現実の下、この件でのロシア世論の大勢が鈴木氏の指摘に通りに「一島も返す必要はない」というものであるならば、「それでも日本に島々を返してもよいという動機」をウラジーミル・プーチン麾下(きか)のロシア政府に持たせ続けるのは、決して容易なことではないからである。

     無論、鈴木氏が説く「2島返還プラスアルファ」論には、自民党内からも異論が示されている。石破茂氏(衆議院議員)の次の記述は、その異論の代表的なものであろう。

    「突然、『2島+α(プラスアルファ)』という話になっていますが、日ソ共同宣言から東京宣言、イルクーツク宣言を経た論理的帰結であるのかどうか、そこに至る経緯を検証する作業は必要不可欠です。『1ミリも動かないよりいいじゃないか』というだけでは検証したことにはならないのです。(略)島一つを失う国はやがて領土全てを失う。国家主権とはそういうものだという考え方がこれまで自民党内のコンセンサスだったはずです。少しでも動く方がゼロよりはいいという議論に簡単にくみするわけにはいきません」

     鈴木氏が説く「2島返還プラスアルファ」返還の線での落着で納得するのか、それとも石破氏が指摘する通りに「四島」返還の線を守るか。北方領土交渉の行方に係る議論は、表面上は、このような「結果」への評価に収斂(しゅうれん)するかもしれないけれども、そこで問われているのは、実に多面的である。そもそも、現下の国際環境の下、60年余りも膠着(こうちゃく)した対露交渉を急ぐ「切迫性」は、果たしてあるか。ロシアと西欧諸国を中心とする「西方世界」とのあつれきがあらわになっている近時の情勢下で、「西方世界」の一翼を担っているはずの日本が対露接近を進めることには、どのような意味があるのか。北方領土交渉と平和条約締結が成った後、日本は、対露関係に何を期待するのか。北方領土交渉の行方に係る議論が、そうしたことを含み置いた上でのものであるということは、留意に値しよう。

    皆さんはどう感じますか?コメントをお寄せください

    投稿フォームはこちら

    ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して毎日新聞社は一切の責任を負いません。また、投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    プロフィール

    櫻田淳

    櫻田淳

    東洋学園大教授

    1965年生まれ。専門は国際政治学、安全保障。衆院議員政策担当秘書の経験もある。著書に「国家の役割とは何か」「『常識』としての保守主義」など。フェイスブックでも時事問題についての寸評を発信。