政治プレミア タイムライン

    10時間前に配信

    • 広島高裁
      伊方原発3号機、再稼働可能に 四電異議認める

       ◇運転差し止めを命じた12月の仮処分決定取り消し 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、停止中)の運転差し止めを命じた昨年12月の広島高裁仮処分決定(野々上友之裁判長=当時)を巡る異議審で、同高裁(三木昌之裁判長)は25日、四電が申し立てた異議を認め、仮処分決定を取り消した。決定が差し止めの理由と

    10時間前に配信

    • 日トルコ首脳会談 国際情勢で一層の緊密連携で合意

       【ニューヨーク高山祐】安倍晋三首相は24日午後(日本時間25日午前)、米ニューヨークの国連本部でトルコのエルドアン大統領と約50分間会談した。日トルコの経済連携協定(EPA)の早期締結を目指す方針を確認。シリアの安定化を含め国際情勢で一層緊密に連携することで合意した。 エルドアン氏は今月17日にロ

    10時間前に配信

    • 厚労省まとめ
      受動喫煙で課題、4割 事業所調査

       「顧客のたばこをやめさせられない」「喫煙室を作る場所がない」--。職場での受動喫煙防止の取り組みで、何らかの課題を抱えている事業所が42.6%に達するとの調査結果を厚生労働省がまとめた。職場での受動喫煙が、毎日または時々あると答えた人も40%近くに上った。 今年7月に職場や飲食店など多くの人が集ま

    10時間前に配信

    14時間前に配信

    • 日米貿易協議 25日夜に先送り 茂木担当相が明らかに

       【ニューヨーク中井正裕、清水憲司】日米両政府は24日午後(日本時間25日午前)にニューヨークで予定していた日米閣僚級貿易協議(FFR)を25日(同25日夜)に先送りした。茂木敏充経済再生担当相が24日、記者団に明らかにした。 トランプ米政権が対日貿易赤字の削減要求を強める中、日本政府は米国の圧力を

    14時間前に配信

    • 米韓首脳会談
      トランプ氏、米朝再会談「近く実現」

       ◇非核化、北朝鮮制裁維持が重要との認識で一致 【ニューヨーク渋江千春、会川晴之】トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日、国連総会が開かれているニューヨークで会談した。両首脳は朝鮮半島の完全な非核化実現のための協力や、米韓同盟の強化策について議論。ホワイトハウスによると、両首

    14時間前に配信

    • 中国 「覇権主義に断固反対」王毅外相、米制裁けん制

       中国の王毅国務委員兼外相は24日、ニューヨークで開かれたアジア相互協力信頼醸成会議(CICA)の臨時外相会合に出席し「保護主義や覇権主義に断固反対すべきだ」と訴えた。トランプ米政権が24日に中国からの輸入品に追加関税を課す制裁第3弾を発動したことを念頭に、米国をけん制したとみられる。中国外務省が発

    14時間前に配信

    • 強制不妊
      知的障害者被害調査へ 家族団体、相談窓口設置

       障害者らに不妊手術を強いた旧優生保護法(1948~96年)を巡る問題で、知的障害者の家族らでつくる国内最大の民間団体「全国手をつなぐ育成会連合会」(久保厚子会長、会員数約20万人)が、被害の実態を調べる初めての全国調査に乗り出す。被害者の掘り起こしと同時に、声を上げられない要因となっている被害者が

    14時間前に配信

    • 米大統領 米司法副長官と27日に進退で話し合い

       【ワシントン鈴木一生】トランプ米大統領は24日、トランプ氏の解任を画策したと報じられたローゼンスタイン米司法副長官と27日にホワイトハウスで面会し、進退について話し合うことを明らかにした。国連総会が開会中のニューヨークで記者団の質問に答えた。米メディアは24日、ローゼンスタイン氏が辞意を伝えたと一

    14時間前に配信

    • 北海道電力
      苫東4号と知内2号が再稼働

       北海道電力は25日、地震で停止した苫東厚真火力発電所4号機(厚真町、70万キロワット)と、知内火力発電所2号機(知内町、35万キロワット)を同日未明に再稼働させたと発表した。企業が通常営業に戻り電力需要が増加する連休明けに間に合わせた。 北電によると、これら2基の再稼働により同社の電力供給量は46

    15時間前に配信

    17時間前に配信

    • 蔵書拝見
      市田忠義氏/下 「鷲手の指 評伝 冬敏之」怒りを昇華、包容の文学

       ◇ロングバージョン 「もう私はうつむかないでいい 太陽は輝いた」。2001年5月21日、ハンセン病訴訟の原告が集会で朗読した詩を聞き、涙を流した。この10日前に熊本地裁が、国の強制隔離政策を違憲と断じて賠償を命じていた。その喜びを表現した詩だ。集会は国に控訴断念を求めるもので、私もあいさつに立ち、

    17時間前に配信

    • 安倍氏
      「通商で建設的な議論できた」トランプ氏と夕食会

       【ニューヨーク高山祐】安倍晋三首相は23日午後(日本時間24日午前)、国連総会出席などのため米ニューヨーク入りし、トランプ米大統領との夕食会に臨んだ。首相は終了後、24日の日米閣僚級貿易協議(FFR)に向けて「大変建設的な議論ができた」と記者団に語った。また、両首脳は北朝鮮の非核化と日本人拉致問題

    17時間前に配信

    • 日米首脳
      通商、初日から議題 トランプ氏進展に強い意欲

       【ニューヨーク清水憲司】トランプ米大統領は23日(日本時間24日午前)、安倍晋三首相との夕食会で通商問題を持ち出した。日本側は夕食会ではあえて触れず、26日の首脳会談で議題にする構えだったが、トランプ氏は初日から通商問題の進展に強い意気込みを示した。米国が求める交渉開始に踏み切るかどうか、日本は難

    17時間前に配信

    • 米中貿易戦争
      WTO無力 トランプ政権、対応に不満

       米中の貿易戦争が広がっていることは、紛争の行司役である世界貿易機関(WTO)の無力さを際立たせている。トランプ米政権は、WTOの中国に対する対応が甘いため、有効な通商ルールを確立できなかったと不満を募らせており、WTO離脱も辞さない姿勢だ。WTO改革への機運はあるものの、具体化への動きは鈍い。 「

    17時間前に配信

    • 産油国 増産見送り イラン生産量減、原油高進む恐れ

       石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点検する会合を23日、アルジェリアで開いた。11月の米制裁再開を前にイランの供給が落ち込んでおり、対策を議論したが、ロイター通信などによると具体策の決定は見送った。 会合では原油高への対応策として、一定程度の増産を実施するとした6

    14時間前に配信

    • 東京原油 一時今年高値 イラン供給減の観測で

       連休明け25日午前の東京商品取引所で、中東産原油の先物相場が取引時間中の今年の高値を更新した。一時1キロリットル当たり前週末清算値比1540円高の5万3620円を付け、約3年10カ月ぶりの水準に達した。米国の制裁でイラン産原油の供給が減るとの観測が響いた。 石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟

    17時間前に配信

    • 安倍首相
      「気候変動は悪化」英紙寄稿 自然災害多発言及

       【ワシントン高本耕太】安倍晋三首相は23日、英紙フィナンシャル・タイムズに寄稿し、西日本豪雨や記録的な猛暑など、日本で相次ぐ自然災害に言及したうえで、「気候変動問題は予測よりも急速に悪化している」と指摘し、国際的な取り組みを加速させる重要性を訴えた。 首相は「気候変動は、世代や国の発展度に関わらず

    1日前に配信

    • 米国
      対中制裁第3弾発動 対象22兆円相当に10%

       【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】トランプ米政権は24日午前0時(日本時間同日午後1時)過ぎ、中国による知的財産権侵害などに対する対抗措置として、年間輸入額2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に10%の追加関税を課す対中制裁第3弾を発動した。中国政府も即座に600億ドル相当の米国製品に5

    1日前に配信

    • 北海道地震
      苫東最大の4号機、月内にも復旧 予定前倒し

       北海道電力は24日、6日の胆振地方を震源とする地震で停止していた苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所(北海道厚真町)の4号機(70万キロワット)について、当初の予定を早め、今月中にも復旧できる見通しになったと発表した。残る2号機の復旧は10月中旬ごろとされており、道内各地で積雪が本格化する前に同発

    1日前に配信

    • 安倍首相
      NYに到着、トランプ米大統領と夕食会

       安倍晋三首相は23日午後(日本時間24日午前)、国連総会出席のため政府専用機で米ニューヨークのケネディ国際空港に到着した。その後、トランプ米大統領との夕食会に出席。26日に日米首脳会談を行う予定で、それに先立って2国間の貿易や北朝鮮の核問題を巡り意見を交わす可能性がある。 トランプ氏は夕食会に先立

    1日前に配信

    • 法務省
      日本語学校の設置基準を厳格化 就労助長防ぐ

       ◇10月から 「年間通じた授業開講の義務づけ」などが柱 外国人留学生の増加とともに増えている「日本語学校」について、法務省は設置要件を定めた告示基準を来月から厳格化する。年間を通じた授業開講を義務づけることなどが柱。教育の質の低下を抑制する▽アルバイト目的などで長期間休めるような授業日程を組めない

    1日前に配信

    • 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男

       「選挙は勝てばいい」と副総理は言うが、勝ち方を点検する意味はある。 自民党総裁選は安倍晋三が圧勝、石破茂も予想よりは得票を積み、惨敗は免れた。選挙常勝で慢心が鼻につく<安倍話法>への反発が、尻上がりに石破を押し上げた面がある。 憲法改正にせよ、社会保障改革にせよ、新たな3年の総裁任期中に本気で国民

    1日前に配信

    • 北海道電力 苫東火力2号機、復旧10月中旬に

       ◇試運転中に装置の不具合が見つかる 北海道電力は23日、6日の地震で停止し損傷が見つかった苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所(厚真町)の2号機(最大出力60万キロワット)で、試運転中に装置の不具合が見つかったと発表した。今週前半の見込みだった復旧は、10月中旬にずれ込む見通し。 北電によると、燃

    2日前に配信

    • 宜野湾市長選 新人2人が立候補 知事選と同日に投開票

       米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選が23日告示された。普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設に反対する前県高校PTA連合会長で会社役員の仲西春雅(なかにし・はるまさ)氏(57)と、移設を進める安倍政権が支援する前副市長の松川正則(まつがわ・まさのり)氏(65)の無所属新人2人が立候補し

    2日前に配信

    • 沖縄知事選 玉城、佐喜真両氏が互角 電話世論調査

       ◇共同通信社実施 共同通信社は22、23両日、翁長雄志知事の死去に伴う沖縄県知事選(30日投開票)で電話世論調査を実施し、取材結果を加味して情勢を探った。いずれも無所属新人の元衆院議員、玉城デニー氏(58)と、前宜野湾市長、佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=が互角のまま激しく競り合う

    2日前に配信

    • 安倍首相 政府専用機で羽田出発 国連総会に出席へ

       ◇27日に米大統領と会談、25日に文在寅大統領とも会談予定 安倍晋三首相は23日、国連総会に出席するため、米ニューヨークに向けて政府専用機で羽田空港を出発した。26日午後(日本時間27日午前)、トランプ米大統領と会談する。25日には韓国の文在寅大統領とも会談する予定だ。 首相とトランプ氏の会談は6

    2日前に配信

    • 拉致被害者 早期解決訴え「国民大集会」 家族会など

       北朝鮮による拉致被害者の家族会などは23日、東京都千代田区で拉致問題の早期解決を訴える「国民大集会」を開いた。史上初の米朝首脳会談から3カ月。問題解決への期待は高まったものの、その道筋はいまだ見えていない。家族は被害者への思いを語り「今が正念場」と訴えた。 40年前の8月に新潟県佐渡市で母ミヨシさ

    2日前に配信

    • 防衛省 オスプレイの納入を当面延期 配備計画進まず

       防衛省は、今秋に予定していた陸上自衛隊の垂直離着陸輸送機オスプレイの米国からの納入を当面延期する。佐賀空港(佐賀市)への配備計画が進んでいないため、陸自木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備する方針だが、地元との調整が間に合わないと判断した。同省は年度内の納入を目指して千葉県や木更津市と協議を続

    2日前に配信

    • 高速鉄道
      香港-本土結ぶ「広深港高速鉄道」が開業

       香港と中国本土の広東省広州を結ぶ高速鉄道「広深港高速鉄道」が23日、営業運転を開始した。香港メディアによると、香港側に新設された西九竜駅には早朝、徹夜組も含めた鉄道ファンが集まった。西九竜駅から広東省深センを経由して広州南駅に至る142キロを結び、北京や上海など中国各地の44駅と直結する。 乗客の

    2日前に配信

    • 関税交渉 日本、農産品「TPP水準まで」 米と隔たり

       日本政府が米国との通商協議で関税引き下げを含む交渉を容認する検討に入ったのは、FTA交渉入りを迫るトランプ米政権の圧力をかわし、米国が検討している自動車・同部品の輸入制限の発動を阻止することが最大の狙いだ。しかし、日本はTPPを超える譲歩をするつもりはなく、日米の思惑には大きな隔たりがある。 日本

    2日前に配信

    • 政府 対米関税交渉を検討 車輸入制限回避を目指す

       政府は米国との通商協議で、農畜産品の関税引き下げなどの交渉を始める検討に入った。貿易赤字削減を目指すトランプ米政権が日本への圧力を強める中、関税を含む交渉に応じる姿勢を示すことで、日本に影響の大きい自動車・同部品の輸入制限の回避を狙う。日米両政府がニューヨークで24日に開く新貿易協議(FFR)や、

    2日前に配信

    • 香港
      民主派の枢機卿が危惧表明 中国バチカン合意受け

       香港民主派の重鎮でカトリック教会香港教区の元司教、陳日君枢機卿は23日までに、バチカンと中国が司教任命権問題で暫定合意したことを受け、中国政府が合意を利用し非公認のキリスト教会「地下教会」の信者らに「服従」を迫るのではないかと危惧する内容の文書を自身のブログで発表した。 陳氏はこれまで、バチカンと

    2日前に配信

    • 山梨知事選 元参院議員の米長晴信氏が出馬表明

       来年2月の任期満了に伴う山梨県知事選に、元参院議員の米長晴信氏(52)が23日、無所属で立候補すると表明した。公共交通機関の拡充や知事報酬の見直しなどを訴え、自らの政策に近い国政政党に支持を求める。同知事選への正式な出馬表明は米長氏が初めて。 米長氏は2007年の参院選で旧民主党の公認候補として初

    2日前に配信

    • 金正恩氏
      「ハート」写真を公開 文在寅氏らと記念撮影

       韓国大統領府は23日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が韓国の文在寅大統領らと中朝国境にある白頭山を20日に訪れた際、親指と人さし指を交差させハートの形を作って韓国閣僚らとの記念撮影に応じた写真を公開した。 公開された2枚のうち1枚には韓国の康京和外相がハートの作り方を示し、金氏と李雪主夫人が興味深

    2日前に配信

    2日前に配信

    • 核兵器禁止条約 河野外相に参加要請 ICAN事務局長

       ノーベル平和賞を昨年受賞した非政府組織(NGO)核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長は22日、カナダ東部モントリオールで河野太郎外相と面会し、日本も核兵器禁止条約に参加するよう働き掛けた。面会後、共同通信の取材に明らかにした。 外務省関係者によると、河野氏は、同条約に

    2日前に配信

    • 首相検討
      甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式

       安倍晋三首相は自民党総裁3選を受けた内閣改造・党役員人事で、甘利明元経済再生担当相(69)を党の要職で起用する検討に入った。甘利氏は総裁選で首相選対の事務総長を務めた。また、一連の人事を10月1日から2日にかけて行う調整も始めた。1日に党役員人事、2日に皇居での閣僚認証式を行う方向だ。 首相は23

    3日前に配信

    • 米国 大統領令を準備 独禁法違反で米、グーグルなど調査

       【ワシントン清水憲司】米ブルームバーグ通信は22日、ホワイトハウスが独占禁止法に基づき、会員制交流サイト(SNS)などを運営する米IT各社への調査を指示する大統領令を準備していると報じた。実際に調査が始まれば、SNS上で流れる情報に関しても、フェイスブック(FB)やツイッターなどに圧力をかけること

    3日前に配信

    • 中国 台湾外交切り崩し、宗教弾圧批判回避 バチカン和解

       【北京・浦松丈二】バチカンと中国が長年の対立事項だった司教任命権問題で暫定合意に達し、歴史的な和解に至った。台湾と欧州で唯一外交関係を持つバチカンとの関係改善は、「一つの中国」の堅持に直結する懸案だ。台湾が外交関係を維持する国々にはキリスト教国が多く、バチカンが中国と関係正常化に踏み出せば、これら

    3日前に配信

    • 米中協議 再開取りやめ 中国、追加制裁で態度硬化

       22日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、中国が貿易摩擦を巡る米国との協議再開を取りやめたと報じた。関係者の話として伝えた。協議再開を米側が提案していたが、米国が年2000億ドル(約22兆円)相当の中国からの輸入品に追加関税を課す制裁第3弾の発動を決めたため、態度を硬化させた。対立は一段と

    3日前に配信

    • 米国 北朝鮮の出方注視 非核化進展、米韓会議がカギ

       【ワシントン鈴木一生】ポンペオ米国務長官は21日、米FOXニュースのインタビューに対し「近いうちに平壌を訪問し、両首脳が会えるように条件を整えたい」と話した。2回目の米朝首脳会談開催への意欲を示した形だが、「米朝首脳会談の開催にはまだやらなければならないことが残っている」とも述べ、非核化に向けた北

    3日前に配信

    • 国立研究法人
      軍事研究規定7割なし 対応、大学より鈍く

       科学者の代表機関である日本学術会議は22日、国立研究開発法人の7割が、軍事研究に関するルールを設けていないとする調査結果を公表した。大学は3分の2がすでに設けているか検討中と回答した。学術会議は昨春、軍事研究を規制する声明を決議しているが、国立研究開発法人は、大学に比べて動きが鈍いことが浮き彫りに

    3日前に配信

    • バチカン
      中国と和解 現司教任命を追認

       【パリ賀有勇、北京・浦松丈二】キリスト教カトリックの総本山であるバチカン(ローマ法王庁)は22日、中国との間で長年の対立事項だった司教任命権の問題で暫定合意に至ったと発表した。任命権をめぐる合意によってバチカン-中国間の最大の障壁が取り除かれることになり、信仰の自由を巡る対立を背景に1951年に両

    3日前に配信

    • 米国 NAFTAでカナダをけん制

       米大統領経済諮問委員会(CEA)のハセット委員長は21日、米FOXニュースで北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に関し、カナダを除いた米国とメキシコの2国間協定となる期限が「とても近づいている」と述べ、カナダをけん制した。 トランプ米大統領は8月末、既に基本合意したメキシコとの2国間協定に署名する

    3日前に配信

    • 米国 大統領の解任画策か「司法副長官が相談」 米紙報道

       【ワシントン鈴木一生】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)などは21日、ローゼンスタイン司法副長官が昨年5月ごろ、合衆国憲法の規定を使ってトランプ大統領の事実上の解任を司法省や連邦捜査局(FBI)の高官らに持ちかけていたと報じた。ローゼンスタイン氏は、秘密裏にトランプ氏の発言を録音することも提案し

    3日前に配信

    • 米国
      司法副長官 トランプ大統領の解任画策か 憲法用い

       米主要メディアは21日、ローゼンスタイン司法副長官が昨年5月ごろ、合衆国憲法修正25条に基づきトランプ大統領を事実上解任するため閣僚らの会合を開くことを画策していたと報じた。政権内の混乱を明らかにするため、自らトランプ氏の会話を秘密裏に録音することも司法省高官らに提案していたという。複数の関係者の

    3日前に配信

    • 企業保育所 定員半数空き 助成金厚く乱立 共同通信調査

       待機児童対策として政府が整備を進める「企業主導型保育所」の多くが定員割れを起こしていることが22日、都道府県庁所在地や政令指定都市など全国の主要都市を対象にした共同通信の調査で明らかになった。定員に占める利用児童数の割合(充足率)は、回答を得た82自治体の平均で49%と半分を割り込んだ。 開設から

    3日前に配信

    • 中国 態度硬化、米との貿易協議取りやめ 米紙報じる

       米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは21日、中国が、貿易摩擦をめぐる米国との協議再開を取りやめたと報じた。関係者の話として伝えた。協議再開を米側が提案していたが、米国が制裁関税第3弾の発動を決めたため、態度を硬化させた。米中の対立は一段と激化しそうだ。 ロイター通信によると、米政府高官は21日、

    3日前に配信

    • 印パ会談 中止 カシミールでの警官3人殺害理由に

       【ニューデリー松井聡】インド外務省は21日、来週予定されていた約3年ぶりとなるパキスタンとの外相会談を中止すると発表した。両国の係争地カシミール地方で、インド人警官3人がパキスタンの武装組織に殺害されたことなどを理由としている。インドでは「両国の関係改善を望まないパキスタン軍が警官殺害に関与してい

    3日前に配信

    • G7閣僚会合 電力設備をサイバー攻撃から守る連携で合意

       カナダ東部ハリファクスで開かれた主要7カ国(G7)環境・海洋・エネルギー相会合は21日、エネルギー分野について協議し、電力設備をサイバー攻撃から守る安全強化で連携することに合意した。会合は3日間の日程を終え、閉幕した。 再生可能エネルギーの導入拡大には送配電網を改善する必要性があるとして、G7全体

    3日前に配信

    • 安倍首相
      26日に日米首脳会談へ 23日訪米

       菅義偉官房長官は21日の記者会見で、安倍晋三首相が国連総会に出席するため、23~28日の日程で米ニューヨークを訪問すると発表した。25日に国連総会で一般討論演説を行うほか、26日にはトランプ米大統領と会談し、米国の対日貿易赤字や北朝鮮問題などについて議論する。 11月に米中間選挙を控えるトランプ氏

    3日前に配信

    • 内閣改造
      茂木氏、加藤氏留任へ 要職に石破氏起用せず

       安倍晋三首相は10月1日にも行う内閣改造・自民党役員人事で、茂木敏充経済再生担当相(62)、加藤勝信厚生労働相(62)、河野太郎外相(55)を留任させる検討に入った。また、総裁選出馬を見送り首相を支援した岸田文雄政調会長(61)は続投を軸に調整する。一方、党総裁選で善戦した石破茂元幹事長(61)は

    3日前に配信

    • 韓国大統領
      非核化に応じ制裁緩和 国連演説で提言か

       【ソウル堀山明子】韓国青瓦台(大統領府)の南官杓(ナム・グァンピョ)国家安保室第2次長は21日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が23~27日に米ニューヨークを訪問し、米韓首脳会談や国連総会の基調演説を通じて第3回南北首脳会談の結果を説明し「(朝鮮半島の)平和・繁栄を進める政府ビジョンへの理解を訴え

    3日前に配信

    • 共同通信調査
      自民改憲案の提出反対51%

       共同通信社が20、21両日、自民党総裁選での安倍晋三首相の連続3選を踏まえて実施した全国緊急電話世論調査によると、首相が秋の臨時国会に党憲法改正案の提出を目指していることに「反対」とする回答は51.0%に上った。「賛成」は35.7%。首相が政治や行政の意思決定で大きな力を持つ「安倍1強」を「問題だ

    3日前に配信

    • 公明党
      山口代表、改憲案の自公協議に否定的

       公明党の山口那津男代表は21日のBSフジ番組で、安倍晋三首相が自民党の憲法改正案を臨時国会に提出する前に公明党と協議する意向を示したことについて「公明党とだけ調整を先行して、出すことは考えていない」と述べ、否定的な考えを示した。 山口氏は改憲案の自公協議について「与党で調整して合意を先に作るのは法

    3日前に配信

    • 小池都知事
      首相発言に異論「憲法改正の時期か」

       東京都の小池百合子都知事は21日の定例記者会見で、自民党総裁に3選された安倍晋三首相が憲法改正の早期実現に改めて意欲を示したことについて「憲法改正というワンイシュー(一つの課題)に集約させていくことがふさわしい時期なのかどうかをよく吟味していただきたい」と述べ、疑問を呈した。 小池知事は改憲論者と

    3日前に配信

    • 自民党総裁選
      進次郎氏止められ直前表明 「石破氏支持」投票15分前

       自民党総裁選で、20日の国会議員投票の直前に石破茂元幹事長支持を表明した小泉進次郎筆頭副幹事長は一時、早期の態度表明を検討していた。しかし、安倍晋三首相の陣営だけでなく、周囲からも自制を促されて断念。投票開始約15分前の表明はぎりぎりの意思表示だったようだ。 関係者によると、小泉氏は総裁選期間中(

    3日前に配信

    • 中央省庁 障害者対象に採用試験 年度内に実施

       中央省庁の障害者雇用水増し問題で、政府は21日、国の全ての行政機関で法定雇用率(2.5%)を達成するため、障害者のみを対象にした常勤職員の採用試験を年度内に実施する方針を明らかにした。非常勤職員が常勤職員になれるような制度の検討も始めた。 同日開かれた再発防止策などを議論する関係府省連絡会議で示さ

    3日前に配信

    • 文科次官辞任
      銀座クラブで豪遊、幹部認識甘く 調査報告

       汚職事件を受けて21日に発表された文部科学省職員の接待の有無を調べる調査・検証チームの第1次報告は、東京・銀座のクラブなどでの10万円を超える高額な飲食接待も事実認定した。接待に対する同省幹部らの認識の甘さが改めて浮き彫りになった。 チームは水落敏栄副文科相が座長を務め、弁護士などの有識者らがメン

    3日前に配信

    • 自民総裁選
      「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

       自民党総裁選から一夜明けた21日に焦点となったのは、石破茂元幹事長が獲得した45%の党員票の意義付けだ。麻生太郎副総理兼財務相は「どこが善戦なんだ」と指摘。一方石破氏は「45%はすごいことだ。善戦ではない、と言うのは党員の気持ちとずれが起きている」と反論し、解釈が割れている。 麻生氏は自派会合で「

    4日前に配信

    • 米国務省 「査察官立ち会い、北朝鮮も理解」寧辺廃棄巡り

       米国務省のナウアート報道官は20日の記者会見で、北朝鮮が北西部寧辺(ニョンビョン)の核施設を廃棄する際には、米国や国際原子力機関(IAEA)の査察官の立ち会いが必要との考えを北朝鮮側も理解していると強調した。 南北首脳が19日に署名した共同宣言には、北西部東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射台を関

    4日前に配信

    • 厚労省 17年度医療費42.2兆円 増加傾向続く

       厚生労働省は21日、2017年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費の概算が前年度比2.3%増の42兆2000億円に達し、2年ぶりに過去最高を更新したと発表した。前年度から9000億円増えた。1人当たりは前年度比8000円増の33万3000円。 厚労省は「高齢化と医療の高度化で医療

    4日前に配信

    4日前に配信

    4日前に配信

    • 中川環境相 バイオマスプラ出荷量50倍へ 30年目標

       カナダ東部ハリファクスで開催中の主要7カ国(G7)環境・海洋・エネルギー相会合の関連イベントで、中川雅治環境相は20日、動植物由来の原料(バイオマス)で作られ、環境への影響が小さいプラスチックの国内年間出荷量を、2030年に197万トンに増やすことを表明した。 プラスチックごみによる海の汚染が問題

    4日前に配信

    • 立憲民主
      日吉議員が離党へ 結成以来初、小沢氏と行動

       立憲民主党の日吉雄太衆院議員(50)=比例東海=は21日、静岡県庁で記者会見し、離党する意向を表明した。離党が決まれば、昨年10月の結党以来、立憲からは初めてとなる。日吉氏は自由党の小沢一郎共同代表と近く、行動を共にする考えも明らかにした。 20日に立憲党本部に離党届を提出した。 日吉氏は昨年の衆

    4日前に配信

    • 安倍首相
      組織見直し「不断に検討」 自民行革提言受け

       安倍晋三首相は21日、自民党の行政改革推進本部(甘利明本部長)がまとめた提言を官邸で受け取った際、中央省庁の在り方について検証を進める考えを示した。「行政組織の見直しは国の統治機構の根幹に関わる大きな課題だ。不断に見直す必要がある」と述べた。 提言は、中央省庁の再々編を視野に、経済、社会情勢の変化

    4日前に配信

    • 自民総裁選
      カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

       安倍晋三首相が連続3選を果たした自民党総裁選で、20日の国会議員投票の直前に首相陣営が開いた出陣式で験担ぎの「カツカレー」を食べながら、首相に票を投じなかった議員がいたとみられ、「カレーライス事件」(陣営の甘利明事務総長)と呼ばれて臆測を呼んでいる。 陣営関係者によると、東京都内のホテルで開いた出

    4日前に配信

    • 新潮45
      杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

       月刊誌「新潮45」が性的少数者(LGBTなど)を「生産性がない」などと否定する杉田水脈衆院議員の寄稿を掲載し、更に最新10月号で擁護する特集を組んだ問題で、発行元の新潮社は21日、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられた」と認める佐藤隆信社長名のコメントを発表した。この問題

    4日前に配信

    • 宜野湾市長選 23日告示 新人2人の一騎打ち見通し

       米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市で23日、知事選に立候補した佐喜真淳(さきま・あつし)前市長(54)の辞職に伴う市長選が告示される。佐喜真氏の後継で、普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設を進める安倍政権が支援する前副市長の松川正則(まつがわ・まさのり)氏(65)と、移設反対派が推す前県高校

    4日前に配信

    • 関空
      戻るかインバウンド 中国大型連休前の復旧はプラス

       関西国際空港で21日、台風21号による浸水被害に見舞われた第1ターミナルが全面的に営業を再開した。関空のまひで打撃を受けた関西の観光地は、外国人旅行客らを取り戻しつつあるが、被災前の姿には今もほど遠い。1日約2万人の訪日外国人(インバウンド)が利用していた「関西の玄関口」の本格的な復旧で、かつての

    4日前に配信

    • 文科省
      戸谷事務次官が辞任 接待判明で減給の懲戒も

       政府は21日の閣議で、文部科学省の戸谷(とだに)一夫事務次官(61)と高橋道和(みちやす)初等中等教育局長(57)の辞任を承認した。両氏は同省の一連の汚職事件を受けた接待の有無に関する省内調査で、事件に関与した元コンサルティング会社役員の飲食接待を受けたとする国家公務員倫理法違反が判明。閣議に先立

    4日前に配信

    • 自民党
      安倍首相3期目始動 石破氏はあいさつ回り

       自民党総裁選から一夜明けた21日午前、安倍晋三首相は首相官邸で開かれた閣議や閣僚会議計3件に相次いで出席し、総裁3期目の政権運営を本格化させた。一連の会議で首相は総裁選に言及しなかったが、防災・減災の緊急対策を3年間集中して講じるとの総裁選での主張に沿った3期目初日となった。 21日は首相の64歳

    4日前に配信

    • 米国
      トランプ氏、安倍首相に祝意「NYで会おう」

       【ワシントン高本耕太】安倍晋三首相の自民党総裁3選を受け、トランプ米大統領は20日、ツイッターに「良き友人である安倍晋三首相の選挙大勝をお祝いする」と投稿。「この先、何年も共に仕事をすることを楽しみにしている。来週ニューヨークで会おう!」と述べた。両首脳は来週、ニューヨークで開かれている国連総会に

    4日前に配信

    • 関西空港
      17日ぶり全面復旧 第1ターミナル北側も稼働

       台風21号による被害を受けた関西国際空港は21日、第1ターミナル(T1)北側が稼働し、旅客施設が全面的に再開した。地下の電源施設やA滑走路が高潮で4日に浸水し、順次再開しているが、北側で停電が続いていた。第1・第2ターミナル全ての旅客施設が被災前の状態に戻るのは、17日ぶり。旅客便は発着で計471

    4日前に配信

    • 文科省
      動揺と落胆 事務方トップ2代続けて不祥事辞任

       相次いで局長級幹部が逮捕された文部科学省の汚職事件を巡り、戸谷(とだに)一夫事務次官が21日、自身も接待を受けたとして懲戒処分を受け、辞任に追い込まれた。天下りあっせん問題に続き、事務方トップが2代続けて不祥事で辞任する異例の事態に、省内では動揺や落胆が広がっている。 「事務次官が2代続けて辞任す

    4日前に配信

    • G7 途上国支援でプラごみ削減 関係閣僚会合で合意

       カナダ東部ハリファクスで開催中の先進7カ国(G7)環境・海洋・エネルギー相会合は20日、深刻化する海のプラスチックごみ汚染を減らすため、流出が多い発展途上国への支援や再利用の促進、回収・リサイクル技術の革新に協調して取り組むことで一致し、合意文書をまとめた。ごみ削減のための具体的な数値目標は盛り込

    4日前に配信

    4日前に配信

    • 安倍政権
      麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

       安倍晋三首相(64)は20日、自民党総裁3選後に党本部で記者会見し、「国連総会から戻り次第、自民党役員人事、内閣改造を行う」と表明した。首相は23~28日に訪米を予定しており、人事は30日の沖縄県知事選後の10月1日を軸に調整している。 首相は「適材適所で考えていきたい。しっかりとした土台の上に、

    4日前に配信

    • 安倍氏3選
      通商いきなり正念場 「蜜月」問われる真価

       安倍晋三首相が20日、自民党総裁3選を果たし、首相の経済政策「アベノミクス」が今後、最長3年続く見通しとなった。首相は景気回復の実績や通商政策の成果などをアピールするが、先行きには難題が横たわる。来週予定されるトランプ米大統領との日米首脳会談では貿易不均衡是正を厳しく迫られるのが必至。また、「デフ

    4日前に配信

    • 自民総裁選
      安倍氏3選 立憲「参院選で戦いやすい」

       安倍晋三首相の自民党総裁3選に対し、立憲民主党など主要野党は改めて首相の政治姿勢への批判を強めている。来夏の参院選に向け、まずは30日投開票の沖縄県知事選での勝利を目指し、秋の臨時国会で攻勢を強める。 立憲の枝野幸男代表は20日のBS朝日の番組収録で「安倍さんとの違いは明確に示せる。参院選は安倍総

    4日前に配信

    • 自民総裁選
      政権継続「歓迎」「信用できぬ」 有権者の声

       安倍晋三首相の自民党総裁3選を受け、今後の政権への注文などについて各地で声を聞いた。 大阪府豊中市の男性会社員(43)は「頻繁に首相が交代していた頃と比べれば今は安心して見ていられる」と安倍政権の継続を歓迎。一方、「長く続くことで緩みが出ては困る。森友問題や加計問題のような疑惑が再び出れば国民の支

    4日前に配信

    • 自民総裁選
      伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」

       ◇安倍氏 「前回の2.5倍」焦りの強弁 自民党総裁選で3選を決めた安倍晋三首相(64)は会場の党本部8階のホール壇上に上がると、石破茂元幹事長(61)をたたえることからあいさつを始めた。「堂々と論戦を展開した石破さんに心から敬意を表し、その健闘をたたえたい」。石破氏と握手を交わした際、硬い笑みを浮

    4日前に配信

    • 自民総裁選
      「モリ・カケ」反発露呈 党員票大差つかず

       安倍晋三首相は自民党国会議員票で82%を得たのに対し、党員票は当初目標の「7割」を大きく下回る55%にとどまった。党員票でも圧勝して政権基盤を固めようとした首相陣営の目算は外れ、来年の統一地方選や参院選に向けた課題が浮き彫りになった。 全国の党員の投票を合算してドント方式で配分した党員票は、安倍氏

    4日前に配信

    • 自民総裁選
      石破氏善戦 首相、迫られる「批判」への配慮

       自民党総裁選は20日、国会議員による投票が行われ、党員・党友票と合わせて開票された。安倍晋三首相(64)が553票を獲得し、254票の石破茂元幹事長(61)を破って連続3選を果たした。首相は最終任期の3年間でデフレ脱却や憲法改正などの課題に取り組む。ただ、石破氏が国会議員票、党員票とも善戦したこと

    4日前に配信

    • 北海道地震
      苫東1号機 自動停止装置、旧式で未設置

       北海道胆振(いぶり)地方を震源とする最大震度7を観測した地震で停止し、19日復旧した苫東厚真火力発電所(厚真町)の1号機(最大出力35万キロワット)について、北海道電力は20日、旧式のため通常設置されている地震の震動を感知する自動停止装置がなかったと明らかにした。自動停止装置のある2、4号機が地震

    5日前に配信

    • 自民総裁選
      安倍氏3選 首相在任、「史上最長」視野

       安倍晋三首相が20日開票の自民党総裁選で3選を果たしたことで、通算の首相在任期間が歴代最長となる可能性が出てきた。来夏の参院選を乗り切って来年11月19日を迎えれば、戦前の桂太郎の2886日に並んで憲政史上最長になる。 新たな総裁任期は2021年9月末までの3年間。衆院議員の任期満了日はその後の1

    5日前に配信

    • 自民総裁選 批判票で石破さん、安倍さんに義理…党員の声

       国会議員票をてこに3選を決めた安倍晋三首相と、地方の党員票で善戦した石破茂元幹事長。20日に終幕を迎えた自民党総裁選で、全国の自民党員はどちらに、どのような思いで1票を託したのか--。動きが注目された5県で党員らの声を聞いた。 「安倍さんが勝つのは分かっているが、批判票として石破さんに投票した」。

    4日前に配信

    • 正恩氏 米朝再会談を希望 交渉で主導権狙う

       【ソウル堀山明子】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2泊3日の平壌訪問を終え、ソウルに到着した20日夕に記者会見した。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、ポンペオ米国務長官の訪朝と、トランプ米大統領との2回目の首脳会談の早期開催を希望する意向を示したと明らかにした。23日からの訪米を

    4日前に配信

    • 元露大使
      「平和条約案20年前に作成」と証言

       【モスクワ大前仁】プーチン露大統領が安倍晋三首相に無条件の年内の日露平和条約締結を提案したことについて、パノフ元駐日ロシア大使は19日、「すでに(日露間で)条約案が作られており、中身が伴わない発言ではない」と明らかにした。プーチン氏の提案は、条約に日露友好の確認を盛り込み、領土問題は棚上げする「中

    5日前に配信

    5日前に配信

    • 自民党総裁選
      小泉進次郎氏、石破氏を支持

       自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は20日昼、党総裁選で石破茂元幹事長に投票することを明らかにした。党本部で記者団に「石破さんに入れる」と語った。毎日新聞の取材では、総裁選で態度未定や不明の国会議員が小泉氏以外に10人おり、小泉氏の発言がこうした議員の投票に影響する可能性もある。 小泉氏は周辺に、石破

    5日前に配信

    • 民放連 国民投票CM 自主規制せず

       憲法改正の国民投票で改憲案への賛否を呼びかけるテレビCMの規制について、日本民間放送連盟(民放連)は20日、CMの自主規制を行わないことを決めた。「政党などの表現の自由を、放送事業者の自主規制で制約することは避ける必要がある」としている。 CM放送は、国民投票法で国民投票の14日前から禁止されてい

    5日前に配信

    5日前に配信

    5日前に配信

    • 南北首脳
      白頭山に登頂 抗日パルチザン闘争の聖地

       【ソウル渋江千春】北朝鮮訪問中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は20日午前、北朝鮮最高峰の白頭山(標高2744メートル)に一緒に登頂した。それぞれの夫人も同行した。文氏は20日中にソウルに戻る予定。 平壌共同取材団によると、文氏と妻の金正淑(キム

    5日前に配信

    5日前に配信

    • 自民総裁選
      安倍氏20日、3選へ 麻生財務相、続投へ

       自民党総裁選は20日、党国会議員による投票が行われ、党員・党友票とあわせて開票される。安倍晋三首相(63)が終盤まで国会議員票、党員票とも優位を保っており、連続3選は確実な情勢だ。首相は総裁選後の人事で麻生太郎副総理兼財務相(78)を留任させる意向。菅義偉官房長官(69)、二階俊博幹事長(79)の

    5日前に配信

    • 北朝鮮 正恩氏、反対押し切り訪韓決断 文氏補佐官明かす

       韓国の文在寅大統領の訪朝に同行している文正仁・統一外交安保特別補佐官は19日、南北首脳の共同宣言に明記された金正恩朝鮮労働党委員長のソウル訪問について、正恩氏が周囲の反対を押し切り決断したと明らかにした。韓国取材団が伝えた。 文正仁氏が党統一戦線部の幹部から直接聞いたという。この幹部は、周囲は皆ソ