メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クイーンズ駅伝

  • ユニバーサルが本社で優勝報告

     昨年11月の第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)で、5年ぶり2回目の優勝を果たしたユニバーサルエンターテ…

    (2018年01月16日 20:12)

  • 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝

     ◇シドニー五輪金の高橋尚子さんら指導した名伯楽 日本陸上界の名伯楽の面目躍如だった。26日に宮城県であった全日本実業団対抗女子駅伝(毎日新聞社など共催)。ユニ…

    (2017年11月26日 20:13)

  • 優勝したユニバーサルの選手の喜びの声

     第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は5区で逆転したユニ…

    (2017年11月26日 18:38)

  • ユニバーサルが優勝 5年ぶり2回目

    (2017年11月26日 18:29)

  • ユニバーサルが優勝 5年ぶり2回目

     「クイーンズ駅伝in宮城 第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・宮城県など共催、東京エレクトロン特…

    (2017年11月26日 14:40)

  • 6区は最終6.795キロ

     【6区紹介】最終6区は6.795キロ。豊川高出身のルーキー・猿見田(ユニバーサルエンターテインメント)、今年の世界選手権マラソン代表の重友(天満屋)、予選会6…

    (2017年11月26日 14:25)

  • 5区 ユニバーサルがトップに

     5区で5年ぶりの優勝を狙うユニバーサルエンターテインメントがトップに立った。中村が5キロ過ぎにパナソニックの森田詩を抜き去り、2位に12秒差を付けた。3位は3…

    (2017年11月26日 14:20)

  • 5区は起伏激しく 最も厳しい勝負どころ

     【5区紹介】5区は10.0キロ。起伏が激しく、最も厳しいとされる勝負どころ。15年世界選手権マラソン代表の前田(ダイハツ)、リオ五輪1万メートル代表の関根(日…

    (2017年11月26日 13:56)

  • 4区 2位ユニバーサルが9秒差に詰める

     4区はパナソニックの新人・戸部がトップを守り抜いた。2位はユニバーサルエンターテインメント。伊沢が9秒差まで詰める力走を見せた。3位は13秒差で日本郵政グルー…

    (2017年11月26日 13:53)

宮城から初マラソンへ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝
  3. OPEC減産緩和 組織への影響、不透明
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです