メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

<坂村健の目>東洋大情報連携学部(INIAD)の坂村健学部長が科学の視点でつづるコラム。

  • COCOAを入れよう

     昨年6月19日にリリースされた「COCOA―新型コロナウイルス接触確認アプリ」という厚生労働省公式のアプリがある。「国民の6割がダウンロードしてくれれば、感染…

  • ニューノーマル

     先週、「ニューノーマル」に焦点を当てた第37回TRONプロジェクトシンポジウムがネットとリアルのハイブリッドで開催された。コロナ禍に対して情報通信技術のできる…

  • ネットで選挙

     米大統領選挙のドタバタは対岸の火事であるが「鳥インフルエンザの人獣共通感染症化」などの新型コロナより恐ろしいパンデミックが起これば、日本でも投票所での投票がま…

  • ネットの安心・安全のために

     「ドコモ口座」「ペイペイ」など複数の電子決済サービスを経由した不正引き出しが、大きなニュースになっている。最初はドコモのセキュリティーが抜かれた話と思った人も…

  • オープンデータの意味

     厚生労働省のサイトから新型コロナウイルス感染状況が、オープンデータとしてダウンロードできるようになった。7月3日の大臣の定例記者会見で発表されたらしいが、残念…

  • スーパーシティと個人番号

     スーパーシティ実現に向けた「国家戦略特別区域法の一部を改正する法律」が先月27日に成立した。しかし、この「スーパーシティ」が何なのか一般に報道されているもので…

  • 「情報感染」回避へ策を

     新型コロナウイルス禍は「インフォデミック」だという指摘がある。2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時に「情報」の「インフォ」と「感染流行」の「エピ…

  • あなたは誰?

     ドイツ内で新型コロナウイルス感染者が最多のノルトライン・ウェストファーレン州で、州政府が始めた中小企業への緊急支払いを当面停止するという。偽申請サイトで抜き取…

  • 正しさの確率

     新型コロナウイルスのPCR検査について「検査数が異様に少なすぎる」とか、はては「感染者数が増えないように、政府がわざと検査させないのだ」といった陰謀論を信じる…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです