メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中間貯蔵施設の検索結果

  • ことば 中間貯蔵施設 /福井

     ◇中間貯蔵施設 国は原発で使い終わった核燃料を再処理してプルトニウムなどを分離し、燃料として再利用する核燃料サイクル政策を掲げる。この政策に基づいて再処理する…

    (2018年12月11日)

  • ことば 中間貯蔵施設

     ◇中間貯蔵施設 国の核燃料サイクル政策に基づき、原発の使用済み核燃料を一時保管する施設。保管終了後は再処理してプルトニウムなどを分離し、燃料として再利用する計…

    (2018年11月7日)

  • ことば 中間貯蔵施設

     ◇中間貯蔵施設 除染で生じた土(ど)壌(じょう)などを保管する施設。汚染土壌を保管する「土壌貯蔵施設」や、土壌から取り除いた草木などを燃やす「減容化施設」など…

    (2018年8月9日)

  • 使用済み核燃料 青森の中間貯蔵施設、操業延期へ

     青森県むつ市で使用済み核燃料の中間貯蔵施設を運営する「リサイクル燃料貯蔵」は28日、青森県とむつ市に対し、今年後半としていた施設の操業開始を延期する見通しにな…

    (2018年6月29日)

  • リサイクル燃料貯蔵 中間貯蔵施設が操業延期へ

     青森県むつ市で使用済み核燃料の中間貯蔵施設を運営する「リサイクル燃料貯蔵」は28日、青森県とむつ市に対し、今年後半としていた施設の操業開始を延期する見通しにな…

    (2018年6月28日)

  • 中間貯蔵施設 関電、青森進出憶測呼ぶ 東通原発に参画も

     ◇「出資を検討」報道 むつ市、不信感 原子力関連施設が多い青森県で、関西電力の進出が相次いで取りざたされ、波紋を呼んでいる。使用済み核燃料を一時保管する中間貯…

    (2018年6月15日)

  • 福島原発事故
    本格稼働が始まった中間貯蔵施設の土壌貯蔵施設=福島県大熊町で2017年10月28日午後2時5分、本社ヘリから竹内紀臣撮影
    中間貯蔵施設が本格稼働

     環境省は28日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で出た土壌や廃棄物を保管する「中間貯蔵施設」(同県大熊町、双葉町)を本格稼働させた。敷地内に一部先…

    (2017年10月28日)

  • 福島原発事故 中間貯蔵施設、28日から本格稼働へ

     ◇除染土など 本格受け入れ開始は初めて 中川雅治環境相は24日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県内の除染で出た土壌や廃棄物を保管する「中間貯…

    (2017年10月24日)

  • 中間貯蔵施設 用地「20年度末最大7割」…環境省見通し

     環境省は27日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設(福島県大熊、双葉両町)について、2020年度末までに用地の最大7割を…

    (2016年3月27日)

  • 中間貯蔵施設
    汚染土などが詰め込まれたフレコンバッグをクレーンを使い保管場に積み上げる作業員ら=福島県大熊町で2016年2月24日午後3時、金志尚撮影
    次々にフレコンバッグ 「保管場」に 福島

     ◇原発事故汚染土など管理の建設予定地で 環境省は24日、東京電力福島第1原発事故の汚染土などを管理する中間貯蔵施設(福島県大熊、双葉両町)の建設予定地で「保管…

    (2016年2月24日)

  • ことば 中間貯蔵施設

     ◇中間貯蔵施設 福島県内の除染で出る土や、高濃度の放射性物質を含む廃棄物の保管施設。予定地は福島第1原発周辺の計約1600ヘクタールで、大熊、双葉両町にまたが…

    (2016年2月20日)

  • 中間貯蔵施設 環境省、10月にも着工 17年秋以降稼働

     東京電力福島第1原発事故の除染で生じた汚染土などを管理する中間貯蔵施設(福島県大熊、双葉両町)について、環境省は19日、10月にも貯蔵や焼却など一部施設の建設…

    (2016年2月19日)

  • 使用済み核燃料中間貯蔵施設 建設計画、京都外す 関電

     関西電力の八木誠社長は11日、京都府の山田啓二知事を訪問し、原発の使用済み核燃料の中間貯蔵施設の建設計画を巡り、京都府舞鶴・宮津両市が受け入れ反対を示している…

    (2015年12月12日)

  • 使用済み核燃料中間貯蔵施設
    中間貯蔵施設について山田知事(右から2人目)と会談する関電の八木社長(左から2人目)=京都府庁で、野口由紀撮影
    舞鶴、宮津建設無し 知事「信頼裏切らず対策を」 /京都

     「地元の同意なくしてあり得ない。舞鶴・宮津市長のご意向や多くの市民の皆様にご心配を与えている状況に鑑み、舞鶴と宮津での立地は考えていない」。使用済み核燃料の中…

    (2015年12月12日)

  • 関西電力 中間貯蔵施設、京都外す

     関西電力の八木誠社長は11日、京都府の山田啓二知事を訪問し、原発の使用済み核燃料の中間貯蔵施設の建設計画を巡り、京都府舞鶴・宮津両市が受け入れ反対を示している…

    (2015年12月11日)

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「緊急事態」期間は1カ月程度か 首都圏4都県、大阪、兵庫軸に

  2. 緊急事態宣言、発令後も自粛頼み 施設使用停止などに法的根拠 放送局ににらみも

  3. 千葉県で妊娠女性の感染確認 松戸ではヤマト運輸支店で感染拡大 新型コロナ

  4. タレントのゴリけんさん、新型コロナ感染

  5. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 7日にも発令決断

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです