メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬支度の検索結果

  • 冬支度 着々 宮古の小坂さん、まき割り /岩手

     宮古市田代の小坂良佐久さん(84)は3日、自宅の庭でまき割り作業に汗を流した。「これで正月を迎えられるな」。まさかりを振るたびに、クルミの木がはじける音が集落…

    (2018年12月4日)

  • 冬支度
    土塀に薦(こも)をつける職人たち=金沢市長町2で、日向梓撮影
    土塀も 金沢・長町武家屋敷跡で「薦掛け」 /石川

     金沢市の長町武家屋敷跡で1日、わらで編んだ薦(こも)で土塀を覆う「薦掛け」が始まった。2日までに、住宅などの土塀に約1100メートルにわたって薦約500枚をつ…

    (2018年12月2日)

  • 防砂ネット
    くいを打ち込んでネットを張る和歌山県白浜町の職員ら=同町の白良浜海水浴場で、藤田宰司撮影
    白浜・白良浜で冬支度 /和歌山

     白浜町の白良浜海水浴場で21日、冬の季節風による砂の飛散を防ぐ「防砂ネット」の設置作業があった。 自慢の白砂が陸側に吹き寄せられるのを防ぐ冬支度として、北西の…

    (2018年11月22日)

  • 冬支度
    松の木にこもを丁寧に巻き付ける作業員=和歌山市一番丁の一の橋前で2018年11月7日、木原真希撮影
    松の木を守る恒例の「こも巻き」

     立冬の7日、和歌山市の和歌山城で、害虫から松の木を守る恒例の「こも巻き」があった。訪れた人たちは冬支度の様子をしばし見守っていた。 こも巻きは江戸時代から続く…

    (2018年11月8日)

  • 北海道
    葉をくわえたまま岩の上でたたずむエゾナキウサギ=北海道鹿追町で2018年10月25日、貝塚太一撮影
    エゾナキウサギが冬支度

     「氷河期の生き残り」と言われ、国内では北海道のごく限られた高山地帯だけに生息するエゾナキウサギが、冬支度を始めている。 鹿追町の然別湖近くの岩場に「ピイッ」と…

    (2018年10月27日)

  • ストーブの火入れ式
    自分たちでおこした火を使ってストーブに点火する児童たち=神戸市灘区の市立六甲山小学校で2018年10月23日午前10時1分、小松雄介撮影
    六甲山上はもう冬支度

     二十四節気の一つ「霜降(そうこう)」の23日、神戸市灘区の六甲山上にある市立六甲山小学校(森澤克行校長、43人)で、恒例のストーブの火入れ式があり、一足早い冬…

    (2018年10月23日)

  • 冬支度 蓑着せて 京丹後・平地地蔵 /京都

     京丹後市大宮町上常吉の平地地蔵(高さ5・3メートル)に23日、蓑が着せられた=写真。住民の手によって続く伝統行事で、丹後に冬の到来を告げる風物詩となっている。…

    (2017年11月24日)

  • ソテツ
    冬支度が進められるソテツ=島根県大田市役所前で、関谷徳撮影
    すっかり「冬支度」 大田 /島根

     大田市役所で6日、駐車場前のソテツ(高さ約3メートル)の幹にこもが巻かれた=写真。緑の葉の部分はきれいに束ねられ、冬支度がすっかり整った。 作業員2人が約2時…

    (2016年12月7日)

  • 冬支度
    土塀に薦を取り付ける職人たち=金沢市の長町武家屋敷跡で、道岡美波撮影
    薦掛け美しく 長町武家屋敷跡、土塀保護に500枚 金沢 /石川

     金沢市の長町武家屋敷跡で3、4両日、わらで編んだ薦(こも)で土塀を覆う「薦掛け」が行われ、本格的な冬支度が整った。 薦掛けは水分を多く含む北陸特有の雪から土塀…

    (2016年12月5日)

  • 冬支度 住民が平地地蔵に蓑 京丹後 /京都

     京丹後市大宮町上常吉の平地地蔵(高さ5・3メートル)が23日、冬支度した=写真。地元の住民が重さ60キロの蓑を着せる伝統行事。丹後地方に冬の訪れを告げる風物詩…

    (2016年11月24日)

  • 季語刻々 ひと部屋の開け放ちある冬支度

     ◆昔 ◇ひと部屋の開け放ちある冬支度 石田勝彦 この句、冬支度の最中である。衣服やこたつなどを出し入れしている。ほこりが立つので一部屋だけ窓などを開け放してい…

    (2016年11月19日)

  • 冬支度
    冬を前に雪囲いの作業が進む「石割桜」=盛岡市内丸9の盛岡地裁で
    街に冬の足音 /岩手

     立冬が過ぎ、県内でも街中で冬支度が進む。15日は、釜石市で最高気温が23度近くになるなど、暖かい所では9月中旬並みとなったが、盛岡市では石割桜の雪囲いの作業が…

    (2016年11月16日)

  • こも巻き
    太い幹にこもを巻き付ける造園業者ら=三島市谷田付近で
    松の木が「冬支度」 三島 /静岡

     暦の上で冬が始まる立冬の7日、三島市の旧東海道・箱根松並木で、松の木を害虫から守るこも巻きが行われ、一足早く“冬支度”を整えた。 市内の造園業者約15人が早朝…

    (2016年11月9日)

  • 冬支度
    近所からもらってきた廃材を電動丸のこで切り落とす平勝正さん。近くの人たちがまきストーブの煙を見て遊びにくるのだという=宮古市茂市で
    台風被害の家屋解体されまきに 宮古 /岩手

     朝晩、めっきり冷え込んできた中、宮古市茂市(もいち)の農業、平勝正さん(76)はまき作りに精を出し、冬支度を始めた。海岸から内陸へ15キロほど入った茂市地区で…

    (2016年11月4日)

  • こも巻き
    クロマツに巻かれるワラのこも=安城市の旧東海道松並木で
    クロマツ冬支度 安城 /愛知

     安城市の旧東海道松並木で20日、クロマツの幹にワラのこもを巻く作業が始まった。寒い冬に害虫が暖かいこもの中に集まる習性を利用し、はい出す2月の啓蟄(けいちつ)…

    (2016年10月21日)

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです