メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾の検索結果

  • 台湾、親中メディアに放送停止措置

     台湾で放送事業などを管轄する国家通信放送委員会(NCC)は18日、「親中メディア」とされる中天テレビ(台北市)の放送免許について、更新を許可しないと決めた。N…

    (2020年11月19日)

  • 貨物機から降ろされたマスクの入った荷物の前に立つ台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(左から3人目)ら=成田空港で2020年4月21日、中村宰和撮影
    国連憲章75周年 台湾を取り残してはならない

     今年は、国連憲章が調印され国連が発足してから75周年にあたる。いま新型コロナウイルス感染症と世界が闘う中、国連が掲げる「普遍的人権」「包容性ある多国間主義」「…

    (2020年9月16日)

  • ゲーム形式で楽しみながらマレー語を児童に教える陳鑀玫さん=台湾北部・新竹県の二重小学校で2020年6月3日、福岡静哉撮影
    台湾、次代担う「新住民」 蔡政権、移民支援を拡充

     台湾の蔡英文政権は多様性の尊重を前面に掲げ、台湾人と結婚した海外出身者である「新住民」に対する支援策を強化している。2019年に台湾で生まれた子供のうち8%は…

    (2020年8月5日)

  • 林栄基氏(右)の台北市内の書店を29日に訪れ、香港人への支援を表明する蔡英文総統=台湾総統府提供
    台湾、香港人受け入れへ 移住対策チーム設置

     香港で反中活動を禁じる「国家安全法制」の施行が決まったことを受け、台湾の蔡英文総統は29日、政治的理由で移住してくる香港人を受け入れる目的で、政府の対策チーム…

    (2020年5月30日)

  • 台北市中心部で開業準備を進める「銅鑼湾書店」で撮影に応じる林栄基さん=台北市で2020年4月14日午後2時34分、福岡静哉撮影
    書店、台湾で再起へ 中国当局拘束の元店長「うれしい」

     中国共産党が禁書とする書籍を販売して閉店に追い込まれた香港の「銅鑼湾書店」の元店長、林栄基さん(64)が25日、台北市に同じ名称の書店を開業する。2019年4…

    (2020年4月21日)

  • 台湾のWHO総会参加、菅氏が支持

     菅義偉官房長官は15日の記者会見で、台湾の世界保健機関(WHO)総会への参加について「国際保健の課題への対応に当たって地理的空白を生じさせるべきではないとの考…

    (2020年4月16日)

  • 台湾 家族と共に初登院 赤じゅうたん、父「娘の晴れ舞台」

     台湾の立法委員(国会議員)選で当選した113人の任期が、2月に始まった。初登院を取材すると、台湾ならではのユニークな光景が見られた。選挙は、蔡英文氏が再選を果…

    (2020年2月26日)

  • 台湾次期副総統・頼清徳氏が訪米

     5月に台湾の副総統となる頼清徳・前行政院長(首相)は3日、9日までの日程で訪米すると発表した。5、6日にトランプ大統領や米政府高官らが出席する首都ワシントンで…

    (2020年2月4日)

  • 「民主主義を守る措置は一刻の猶予も許さない」などと記した横断幕を掲げ「反浸透法案」の必要性を訴える民進党の立法委員(国会議員)ら=台湾立法院で12月31日
    台湾 選挙介入防止法成立 中国を想定し整備

     台湾立法院(国会)は会期末の12月31日、選挙介入や政治への干渉などに対抗する「反浸透法案」を、中国と対立する与党・民進党の賛成多数で可決した。11日に投開票…

    (2020年1月1日)

  • トランプ米大統領と面談した米国訪問後、記者会見する郭台銘氏。無所属での総統選立候補をアピールしていたが、断念した=台北で5月6日、ロイター
    台湾総統選 中国は圧力の加減苦慮 「今日の香港は明日の台湾」渦巻く反発

     台湾総統選(来年1月)は17日、無所属候補の登録締め切り日を迎え、与党・民進党の蔡英文総統(63)と、最大野党・国民党の韓国瑜・高雄市長(62)による事実上の…

    (2019年9月17日)

  • 台湾、WHOに3年連続参加できず

     【台北・福岡静哉、北京・浦松丈二】世界保健機関(WHO)総会が20日、スイスで始まり、台湾は3年連続でオブザーバー参加が認められなかった。台湾メディアによると…

    (2019年5月21日)

  • 米国、台湾に軍事訓練提供 中国軍をけん制

     【台北・福岡静哉】米トランプ政権は15日、台湾軍のパイロットの訓練プログラムなど総額約5億ドル(約560億円)分を台湾に売却することを決め、議会に通知した。台…

    (2019年4月16日)

  • 台湾
    日本台湾交流協会事務所に赤ペンキ

     台北市警察局によると、7日午後0時50分ごろ、日本の対台湾窓口機関「日本台湾交流協会」の台北事務所で、男(50)が事務所の名称を記した石板に赤いペンキを大量に…

    (2018年3月8日)

  • 台湾
    赤いペンキをかけられた日本台湾交流協会台北事務所の石板=台北市警察局提供
    「日本台湾交流協会」に赤ペンキ 男を拘束

     【台北・福岡静哉】台北市警察局によると、7日午後0時50分ごろ、日本の対台湾窓口機関「日本台湾交流協会」の台北事務所で、男(50)が事務所の名称を記した石板に…

    (2018年3月7日)

  • 台湾
    新名称「日本台湾交流協会」 看板除幕式

     日本の対台湾窓口機関が1日から「交流協会」から「日本台湾交流協会」に名称変更したのに伴い、台北市にある同協会台北事務所で3日、新名称の看板除幕式が行われた=写…

    (2017年1月4日)

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです