メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興庁の検索結果

  • 安倍首相 復興庁後継へ「全力」

     安倍晋三首相は9日、2020年度末に復興庁を廃止した後の東日本大震災被災地への支援について「政治の責任とリーダーシップのもとで、政府一丸となって対応していくた…

    (2019年3月10日)

  • 東日本大震災 復興庁の後継組織設置を閣議決定

     政府は8日の閣議で、東日本大震災からの復興に関する基本方針見直しを決定した。2020年度末で廃止となる復興庁の後継組織設置を初めて明記。具体的な形態は示さなか…

    (2019年3月8日)

  • 安倍晋三首相=川田雅浩撮影
    首相、復興庁後継組織の検討を指示

     安倍晋三首相は27日、渡辺博道復興相と首相官邸で会談し、2020年度末で廃止される復興庁の後継組織の検討を指示した。「司令塔として各省庁の縦割りを排し、復興を…

    (2019年2月27日)

  • 人事 復興庁

     ◇復興庁(1月1日) 統括官(国土交通省総括監察官)東潔

    (2018年12月26日)

  • 東北市長会 復興庁の後継組織を」

     東北市長会(会長・郡和子仙台市長)は17日、宮城県石巻市で総会を開き、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興は道半ばだとして、2020年度末での廃止…

    (2018年10月19日)

  • 人事 復興庁

     ◇復興庁(27日) 事務次官(統括官)加藤久喜▽統括官(内閣審議官)末宗徹郎、(特許庁総務部長)小山智 退職(事務次官)関博之 【復興事務次官】 加藤久喜氏(…

    (2018年7月25日)

  • ニュースBOX 復興庁茨城事務所が今月末で閉鎖 /茨城

     復興庁は13日、水戸市に設置している復興庁茨城事務所を3月末に閉鎖すると発表した。新年度から復興庁内に「茨城復興推進官」を設けて支援を継続する。同事務所は12…

    (2018年3月14日)

  • 今村復興相辞任
    復興庁に集まる報道陣=東京都千代田区で2017年4月26日、竹内紀臣撮影
    改めて陳謝 復興庁には抗議続々

     東日本大震災の被災者の心情を逆なでする発言を連発した今村雅弘復興相が26日、辞任した。辞表を出した後、報道陣に囲まれ「東北の皆さんを傷つけた。大変申し訳ない」…

    (2017年4月26日)

  • 復興庁発足5年 道半ば、仕上げは五輪 役割未知数

     東日本大震災からの復興のために政府の司令塔として設置された復興庁が10日、発足から5年を迎えた。設置期限の2021年3月まで残り4年あまりとなり、総仕上げとし…

    (2017年2月10日)

  • 東日本大震災 復興庁5年、道半ば 「仕上げは五輪」役割未知数

     東日本大震災からの復興のために政府の司令塔として設置された復興庁が10日、発足から5年を迎える。設置期限の2021年3月まで残り4年あまりとなり、総仕上げとし…

    (2017年2月10日)

  • ボランティアバス
    バスに乗り込むボランティア。東日本大震災以降ボランティアバスは全国で広がった=前橋市のJR新前橋駅で2011年4月20日、角田直哉撮影
    旅行業法違反 黙認一転、クロに戸惑い 復興庁知らず

     「なぜいきなりこんな通知が出たのか」。災害時のボランティア派遣の交通手段として浸透してきた「ボランティアバス」について、事実上黙認してきた観光庁が一転、旅行業…

    (2016年6月11日)

  • ボランティアバス
    バスに乗り込むボランティア。東日本大震災以降ボランティアバスは全国で広がった=前橋市のJR新前橋駅で2011年4月20日、角田直哉撮影
    黙認一転クロに戸惑い 復興庁も知らず

     「なぜいきなりこんな通知が出たのか」。災害時のボランティア派遣の交通手段として浸透してきた「ボランティアバス」について、事実上黙認してきた観光庁が一転、旅行業…

    (2016年6月11日)

  • 人事 復興庁 /岩手

     ◇復興庁(1日) 岩手復興局長(農林水産省大臣官房付)山下容弘▽農林水産省へ出向(岩手復興局長)今井良伸

    (2016年4月2日)

  • 東日本大震災 復興庁政務官ら首長と意見交換 /岩手

     復興庁の高木宏寿政務官らが28日、盛岡市内を訪れ、2016年度からの新たな復興基本方針の骨子案について、達増拓也知事や被災市町村の首長と意見交換した。大槌町の…

    (2016年1月29日)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 透析中止・夫の手記全文 まさか「死ぬための入院」だなんて…

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです