メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

殺人未遂の検索結果

  • 金沢・2警官刺傷 被告に無罪判決

     2017年8月に交通違反の手続きで自宅を訪れた男性警察官2人を刺したとして、殺人未遂などの罪に問われた金沢市の無職の男性被告(38)の裁判員裁判で、金沢地裁(…

    (2019年3月19日)

  • 工藤会 一般人襲撃3件 系列の組幹部、懲役30年が確定 上告を取り下げ /福岡

     特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が起こしたとされる一般人襲撃事件3件に関与したとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などに問われた同会系組幹部、…

    (2019年1月23日)

  • ドイツ 新年祝う人々に車突入

     ドイツ西部ノルトライン・ウェストファーレン州ボトロップなどで1日未明、新年を祝うため街頭に集まっていた人々に車が突っ込み、シリア人ら計8人が負傷した。警察は地…

    (2019年1月3日)

  • 模擬裁判 小中学生30人が体験 甲府 /山梨

     甲府地裁と甲府地検、県弁護士会は21日、夏休み中の子どもたちが参加する模擬裁判を地裁で開いた。 小中学生約30人が参加。細田啓介所長が「法律や裁判に興味を持っ…

    (2018年8月22日)

  • ことば 和歌山毒物カレー事件

     ◇和歌山毒物カレー事件 1998年7月25日、和歌山市園部の夏祭り会場で、カレーライスを食べた67人が急性ヒ素中毒を発症し、うち子供2人を含む4人が死亡した。…

    (2018年7月20日)

  • 英国 猛毒神経剤「ノビチョク」初の死者 重体の女性

     【ロンドン矢野純一】ロンドン警視庁は8日夜、猛毒の神経剤「ノビチョク」に触れ意識不明となっていた英南部エイムズベリーの男女2人のうち、女性のスタージェスさん(…

    (2018年7月9日)

  • 元スパイ襲撃 駐日英大使、ロシアを批判

     英国で今月4日、ロシア軍情報部門の元大佐と長女が猛毒の神経剤で襲撃された殺人未遂事件について、ポール・マデン駐日英大使が23日、東京の英国大使館で記者会見した…

    (2018年3月23日)

  • ことば 菊池事件

     ◇菊池事件 1951年8月、熊本県で元村職員宅にダイナマイトが投げ込まれ、国立ハンセン病療養所「菊池恵楓園」(同県合志市)への入所勧告を拒んでいた男性が殺人未…

    (2017年11月28日)

  • ロシア 通り魔容疑者、IS影響か

     ロシアの西シベリアの都市スルグトで19日に7人の通行人らが負傷した通り魔事件で、地元の報道などによると、容疑者の男(警察が射殺)は1988年に露南部ダゲスタン…

    (2017年8月23日)

  • ことば 尼崎市の元市議夫婦殺傷事件

     ◇尼崎市の元市議夫婦殺傷事件 2002年3月14日、尼崎市の自宅前路上で、藤本護さん(87)の妻・瑛子さん(当時70歳)が無職の男(同39歳、17年に病死)に…

    (2017年8月1日)

  • 近事片々 ただ祈るしかない…

     ただ祈るしかない。 8歳少女も犠牲になった英自爆テロ。大規模施設での警備体制をどうするか。世界に突きつけられた課題。      ◇ 会期内成立? 延長は小幅?…

    (2017年5月24日)

  • 裁判員制度
    裁判員裁判が除外された被告数
    裁判員除外の審理急増 昨年、元組員声かけ後

     21日に施行から丸8年を迎える裁判員制度を巡り、殺人などの対象事件の裁判で起訴された計20人の被告が裁判官のみの審理で行うと決定され、うち13人が2016年以…

    (2017年5月14日)

  • 一般人襲撃 工藤会組員に懲役20年求刑

     特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が起こしたとされる一連の一般人襲撃事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などに問われた工藤会系組員、和田和人被告…

    (2016年12月27日)

  • 元名大生・殺人など 初公判は17年1月16日に

     名古屋市の自宅アパートで2014年12月に知人の森外茂子(ともこ)さん(当時77歳)を殺害し、宮城県で高校の同級生らに猛毒の硫酸タリウムを飲ませたなどとして、…

    (2016年10月26日)

  • 工藤会公判 補充裁判員1人が辞任 「声掛け」裁判

     特定危険指定暴力団「工藤会」系組幹部(40)が殺人未遂罪に問われた福岡地裁小倉支部の裁判員裁判(中牟田博章裁判長)で、被告の知人で元工藤会系組員の男らが裁判員…

    (2016年6月15日)

チャンネルの検索結果

写真の検索結果

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです