メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社民党の検索結果

  • 社民、今秋に合流判断へ

     社民党の吉田忠智幹事長は25日の記者会見で、立憲民主党との合流の是非を判断する臨時党大会を今秋にも開く意向を示した。会見に先立つ常任幹事会では、合流した場合の…

    (2020年6月26日)

  • 社民党首に福島氏復帰 合流は慎重姿勢

     社民党は22日、東京都内で党大会を開き、福島瑞穂副党首(64)=参院比例代表=を新党首に選出した。2003~13年にも党首を務めており、約7年ぶりの党首復帰と…

    (2020年2月23日)

  • 社民党県連、立憲民主と合流の方針 支部代表者会議で決議 党本部に意向伝達へ /大分

     社民党県連は18日、大分市内で支部代表者会議を開き、「立憲民主党との合流を前提にして議論を進めてほしい」との方針を決議した。社民党本部に意向を伝える。 守永信…

    (2020年1月19日)

  • 吉田忠智氏=須藤孝撮影
    社民党の発信力不足を反省し、生き残りにかける

     今回の参院選には三つの意義があった。一つ目は安倍政権を打倒する足がかりとする。二つ目は参院での改憲勢力の3分の2を割らせる。三つ目は社民党の再生の足がかりを作…

    (2019年9月10日)

  • 社民党 党首に又市氏を選出

     社民党は26日、吉田忠智党首の任期満了に伴う党首選を再告示した。又市征治幹事長(73)以外に立候補者がなく、又市氏が無投票で新党首に選出された。来月の党大会で…

    (2018年1月27日)

  • 社民党 又市氏、党首へ

     社民党は23日午前、吉田忠智党首が26日に再告示される党首選に立候補しない意向を表明したのを受け、4人の国会議員が国会内で会談した。福島瑞穂、照屋寛徳、吉川元…

    (2018年1月23日)

  • 社民党 党首選出馬、吉田氏は応じず

     社民党の吉田忠智党首は22日午前の党両院議員総会で、26日に再告示される党首選に立候補しない意向を表明した。「強い続投要請があり関係者と議論を重ねてきたが、党…

    (2018年1月22日)

  • 社民党 吉田党首が退任明言 再告示「不出馬の意思」

     社民党の吉田忠智党首は18日、大分市内で取材に応じ、26日再告示の党首選に対し「最終的な不出馬の意思を伝える必要がある」と述べ、退任する意向を明言した。任期満…

    (2018年1月19日)

  • 社民党 党首選び難航 「後任は水面下で」 県出身の吉田氏、不出馬意思固く /大分

     社民党の党首選びが難航している。県内が地元の吉田忠智党首は党首選に出馬しない意向を表明。党内では続投を求める声は大きいが、吉田氏は又市征治幹事長に不出馬の意思…

    (2018年1月18日)

  • 社民党 本部、永田町離れる 党勢低迷で財政難

     社民党は8日、東京・永田町の民間ビルにあった党本部を、東京都中央区の隅田川沿いにある民間ビルに移転した。昨夏の参院選で吉田忠智党首が落選し、所属国会議員が4人…

    (2017年5月9日)

  • 社民党 皇室典範の改正を要求

     社民党は15日、天皇陛下の退位について、将来のすべての天皇が対象となるよう、皇室典範の改正を求める見解をまとめた。「国会の両院協議会で合意を得た議員立法」とし…

    (2017年2月16日)

  • 社民党 吉田党首続投で一致

     社民党は31日、党本部で両院議員総会を開き、7月の参院選で落選し辞任表明した吉田忠智党首の続投を求めることで一致した。1日に常任幹事会を開き、決定する。又市征…

    (2016年9月1日)

  • 社民党 吉田党首辞任へ

     社民党の吉田忠智党首は14日午前の党常任幹事会で、議席を減らした参院選の結果について「責任を痛感している。しかるべき時期に辞任表明し、次期党首に引き継ぎたい」…

    (2016年7月14日)

  • 社民党 内閣不信任決議案に慎重

     社民党の又市征治幹事長は26日の記者会見で、民進、共産、生活の3党と共に検討している内閣不信任決議案の提出について「安倍晋三首相に衆院解散の大義名分を与えかね…

    (2016年5月27日)

  • 社民党 党首、民進合流撤回 会見で陳謝「同志に不安与えた」

     社民党は18日、党本部で臨時常任幹事会を開き、参院選前の民進党との合流はしない方針を確認した。吉田忠智党首が先週の党会合で「民進党との合流も選択肢」と述べてい…

    (2016年5月19日)

チャンネルの検索結果

  • 吉田忠智

    最新記事:社民党の発信力不足を反省し、生き残りにかける

  • 福島瑞穂

    最新記事:社会の優生思想を克服する 謝罪や補償待ったなし

  • 照屋寛徳

    最新記事:県民投票 沖縄の民意尊重が民主主義の根幹

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  3. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  4. 「縦割り110番」にメール3000通 河野氏、反響大きく受け付け一時停止

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです