iPS細胞:肺胞に分化…肺の再生医療に光 京大グループ (01時00分)

 京都大大学院医学研究科の三嶋理晃(みちあき)教授らの研究グループは、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を肺胞の細胞に効率よく分化させ、取り出す方法を確立したと発表した。肺の再生医療の実現や薬の製造につながる可能性があるとしている。論文は21日正午(米東部時... 続きを読む

アーカイブへ