原油先物市場:NY 急落、66ドル台 5年2カ月ぶり安値 (15時17分)

 【ワシントン清水憲司】石油輸出国機構(OPEC)の原油減産見送りから一夜明けた28日の米ニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物市場で、米国産標準油種(WTI)の1月渡しが、1バレル=66・15ドルまで値を下げ、2009年9月以来、約5年2カ月ぶりの安値... 続きを読む

アーカイブへ