群馬大病院:腹腔鏡手術で患者死亡 手術前の検査不十分 死亡の検証せず−−中間報告 (15時31分)

 群馬大医学部付属病院(前橋市)で腹腔(ふくくう)鏡を使う高難度の肝臓手術を受けた患者8人が相次いで死亡した問題で、群馬大は19日、中間報告を発表し、手術に耐えられるかを判断するために肝臓の大きさや状態を把握する手術前の検査が不十分で、術後も第2外科が死亡症例... 続きを読む

アーカイブへ