イスラム国:「同じ部族を大量処刑」米国務省が懸念表明 (20時08分)

 【ワシントン和田浩明】米国務省のサキ報道官は10月31日、イラク西部のアンバル県でイスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」が、同じスンニ派の部族関係者を大量に処刑した報告があるとして深い懸念を表明する声明を発表した。現地報道によると、イスラム国は支配地域... 続きを読む

アーカイブへ