メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣支持率

各社世論調査拮抗 中間層「反安倍」にシフト?

 この数週間、報道各社の世論調査が相次いだ。質問の仕方などによって数値にばらつきはあるものの、共通しているのは安倍内閣の支持率が下がり、不支持率と拮抗(きっこう)する傾向だ。毎日新聞が4、5日に実施した全国世論調査では支持率が42%、不支持率が43%となり、第2次安倍内閣発足後、初めて支持・不支持が逆転した。1ポイントの差は統計学的には誤差の範囲内で、正確には「支持率と不支持率が拮抗」と書くべきだが、数値上初めて不支持率が上回ったインパクトを6日の朝刊で記事化した。【世論調査室長・平田崇浩】

この記事は有料記事です。

残り2768文字(全文3016文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです