メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩国市長選

現職福田氏の3選確実 米軍艦載機受け入れ

福田良彦氏

 米軍厚木基地(神奈川県)の空母艦載機部隊の移転が計画される岩国基地がある山口県岩国市長選は24日投開票され、移転容認派の後押しを受けた無所属現職の福田良彦氏(45)=自民、公明推薦=が、反対派の元岩国市議の無所属新人、姫野敦子氏(56)を破り、3選を果たすことが確実となった。

     米軍は2017年までに59機の部隊を移す予定にしており、福田氏の当選を受け、政府は艦載機移転に向けた作業を加速させる見通しだ。

     福田氏は、移転受け入れについて態度を明確にしていないが、選挙戦では「基地との共存」を掲げた。米軍再編交付金が原資の子ども医療費助成などをアピールし、保守層などに支持を広げた。姫野氏は基地交付金に頼らないまちづくりを主張したが、及ばなかった。【古賀亮至】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
    2. 米軍機 超低空訓練 岩手の住宅地 サイトに動画投稿
    3. ORICON NEWS 元NHKの有働由美子氏が事務所所属を報告 マツコやくりぃむらの“仲間入り”
    4. 大川小津波訴訟 遺族、2審も勝訴「事前防災に不備」
    5. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]