メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

87歳の田中氏、16回目当選

宮城県色麻町議選で16選を果たした田中一寿氏=宮城県色麻町で2016年1月24日、山田研撮影

 宮城県色麻(しかま)町議選(定数16)が24日投開票され、無所属現職の田中一寿(ひとし)氏(87)が旧色麻村の村議選を含めて16回目の当選を果たした。全国町村議会議長会によると、田中氏の在職期間は現職町村議で最長の55年9カ月。

     町議選には19人が立候補し、田中氏は220票を獲得し12位で当選した。田中氏は「今回の任期で議員生活は最後にするつもりだ。住民に顔を向けた行政を実現できるようがんばっていきたい」と語った。

     田中氏は1959年の旧色麻村議選で初当選。91年に町長選出馬のため辞職し落選したが、92年の町議選で当選して以来、連続当選している。

     全国町村議会議長会によると、把握している範囲での在職期間の最長は、15回当選し2004年に死亡するまで57年6カ月間務めた岩手県旧沢内村(現・西和賀町)の村議。【山田研】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 藤井四段 歴史塗り替えた 10代対決、圧巻の終盤
    2. 藤井四段勝利 先輩棋士から称賛の声
    3. 藤井四段 タクシー送迎、対局は土日活用…連盟が対策
    4. 将棋 藤井四段29連勝 14歳、新記録樹立
    5. 横浜市鶴見区 「藤井四段」名乗る寄付 将棋セットなど

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]