メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アダムズ方式 細田氏が批判

 自民党の細田博之幹事長代行は11日、衆院選挙制度調査会の答申で示された都道府県に小選挙区の数を割り振る「アダムズ方式」について、「血の通わない結果になる。地方の思いを実現する政治は何かという見方で問題を解決する方法を考えていかなければいけない」と述べ、受け入れられないとの認識を示した。松江市内での講演で語った。

     アダムズ方式は、現行よりも人口比を反映しやすい特徴がある。答申では小選挙区を東京など都市部で増やす一方、東北の被災県を含む13県で減らす定数10減を示した。

     しかし、削減対象となる地域に厚い地盤を持つ自民党では拒絶反応が強い。同党が10日に示した改革案では、定数削減を2020年の大規模国勢調査の後に先送りすると同時に、アダムズ方式には触れなかった。

     細田氏は講演後、記者団に「常識的に見て妥当な議論をしていかないといけない。拙速に決める状況ではない」と述べ、定数削減については慎重に議論する考えを強調した。【中島和哉】

    党派別立候補者数

      合計 小選挙区 比例代表 重複 (公示前)
    自民 332 277 313 258 284
    希望 235 198 234 197 57
    公明 53 9 44 0 35
    共産 243 206 65 28 21
    立憲 78 63 77 62 15
    維新 52 47 52 47 14
    社民 21 19 21 19 2
    2 0 2 0 0
    諸派 91 44 47 0 0
    73 73 0 0 44
    1180 936 855 611 472

    注目ニュース

    [PR]