メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民候補に奥野氏が浮上 元シンクロ選手

奥野史子氏=望月亮一撮影

バルセロナ五輪メダリスト

 宮崎謙介氏(自民党を離党)が女性問題で衆院議員を辞職したことに伴う衆院京都3区補選(4月24日投開票)で、同党の候補としてシンクロナイズドスイミング・バルセロナ五輪メダリストの奥野史子氏(43)が浮上していることが分かった。同党関係者が18日、明らかにした。

 それによると、同党は奥野氏本人に立候補の意思確認はしていないが、3区内の有権者に対し17、18両日、奥野氏の名前を挙げて電話で情勢を調査し、擁立に備えているという。党京都府連が補選で公認候補を擁立する方針を決めたのに対し、党本部は宮崎氏の問題の影響を懸念し、難色を示している。

 奥野氏は京都市出身で、夫は北京五輪陸上男子400メートルリレー銅メダリストの朝原宣治さん。補選に向けては、民主党の泉健太衆院議員(比例代表近畿ブロック)が立候補に意欲を示しているほか、共産党とおおさか維新の会も候補者を擁立する構えだ。【木下訓明】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男児置き去り 依然見つからず 写真を公開 北海道
  2. 北海道・七飯の7歳児行方不明 130人態勢で捜索
  3. 特集ワイド 刻々と現実味増す「トランプ政権」 日本が備えるべきことは
  4. 特集ワイド もしも「トランプ大統領」が誕生したら
  5. 厚労省 健保の健康づくり、過度な特典抑制 奨励から修正

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]