メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民、候補者選定進まず

宮崎謙介元衆院議員=国会内で2016年2月16日午後0時53分、藤井太郎撮影

 宮崎謙介元衆院議員が女性問題を巡り辞職したことに伴う衆院京都3区補選について、自民党の谷垣禎一幹事長と西田昌司・京都府連会長(参院議員)が27日、京都市内で会談した。候補擁立に難色を示す谷垣氏と、擁立を強く主張する西田氏の間で話はまとまらず、記者会見した西田氏は「引き続き候補の選定を進める」とした。しかし、補選の告示が4月12日(24日投開票)に迫る中、具体的な候補者絞り込み作業は進んでいないという。

     西田氏によると、谷垣氏は党本部が擁立に慎重であることを改めて伝えた。これに対し、西田氏や同席した自民党の京都府議らから「厳しい選挙であっても擁立すべきだ」との声が相次いだ。

     同補選では、民主党が泉健太衆院議員(比例近畿)の公認を内定している。【土本匡孝、野口由紀】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 不正アクセス容疑 17歳、成績管理システムに侵入
    2. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
    3. 共産・藤野氏 「人を殺す予算」と発言、取り消す
    4. 特集ワイド あの前都知事と大違い、惜しまれ引退クリーン村長 本州で人口最少、信号機もない和歌山県北山村
    5. 第2パナマ運河 「第1」に並行し開通…日本、多大な恩恵

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]