メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民、乙武氏を擁立へ 東京選挙区

作家の乙武洋匡さん=東京都文京区で2012年9月27日、久保玲撮影

 自民党は夏の参院選に、「五体不満足」の著者として知られる乙武洋匡(ひろただ)氏(39)を東京選挙区(改選数6)で擁立する方針を固めた。4月上旬にも出馬表明する。安倍政権が掲げる「1億総活躍社会」の象徴として目玉候補としたい考えだ。

 東京選挙区では現職の中川雅治氏(69)に続き2人目の公認となる。乙武氏は、生まれつき両手両脚のない障害を持つ。早稲田大在学中に出版した「五体不満足」がベストセラーになった。キャスターとしても活躍。乙武氏に対しては日本を元気にする会も出馬を打診していた。【田中裕之】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さまよう住まい 阪神大震災22年/上(その1) 一生の家と信じていた
  2. 阪神大震災22年 「伝えていく」弟を失った経験、後世に
  3. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
  4. オセロ 「きのこの山」と「たけのこの里」で対決!
  5. 阪神大震災22年 亡き妻今も家族の中心 父子4人絆強め

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]